スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満開の桜の下で 

アークガーデン2010_04昨日、園芸家の杉井明美さんの取材で、六本木1丁目にあるアークヒルズに行きました。

アークヒルズは並木が満開で、青空マーケットやコンサートも開かれ、大賑わい。

私も取材の後にフラフラ~
フォーシーズンズ・ガーデンにたどり着きました。


ここは日本の自生種を中心に植栽されています。
杉井さんには日本の植物について、1月からS種苗会社の会員誌で連載していただいているので、気になって立ち寄ったのですが・・・

アークガーデン2010_04#2 1月号で紹介したイチリンソウ、2月号のイカリソウ、3月号のムサシアブミと勢ぞろい!

アークガーデン2010_04#3

アークガーデン2010_04#4
このガーデンも見物の方でかなり混んでいましたが、私だけ地面に這いつくばって写メ撮りまくり(笑)
なにしろイチリンソウイカリソウも小さい~!
と、内心で唸ってましたら、上の方から「もしもし」と呼びかける声が・・・
なんと杉井さんの連載に、写真をお願いしているカメラマンの入江寿紀さんが隣りに~

入江さん「人違いだと困るので、何度も顔を確かめてから、声をかけましたよ」
私「テヘヘ・・・」(笑うしかない)

どんだけヘンなオバサンとして目立っていたことでしょう。
というのも、入江さんと別れて、その場を立ち去ろうとしたら、私がかがみこんでいた場所に人だかり!
「あら、この可愛い花は何?」とか、「イチリンソウじゃない?」という声を後ろに聞きながら退場しました(汗)
ばかりが日本の花ではないのです。


オマケのオキナグサバイモユリ・・・いずれも印象的な花ばかりです。

アークガーデン2010_04#5

アークガーデン2010_04#6


スポンサーサイト

コメント

皆さまへ 「訂正」

以前、コメントの欄でウラシマソウなどは寒いところに自生しないと書きましたが、間違っておりましたので訂正します。

テンナンショウ属のウラシマソウなどは、温帯系のサトイモ科植物としては、
もっとも分布が広いのだそうです。

ウラシマソウは北海道まで分布するとか。
ただ、ムサシアブミの自生地は近畿以西なので、
関東在住の私などは「見たことない」と思ったのを、テンナンショウ属全般のこととして、
Hayaちゃんにお伝えしてしまいました。
訂正してお詫びします。

スモークツリーさんのブログで、宮城県でもウラシマソウは自生しているというコメントが寄せられ、気づきました。
訂正してくださったミントさんに感謝です。

今回ご紹介したムサシアブミも、杉井さんが植えてもう数年経っている株です。
都心のビルの屋上でも立派に育っています。

私も失礼いたしました・・・

ウラシマソウは見たことがあるのですが、マムシグサはお初だったので・・
私の勉強不足です。シンゲルさん、ごめんなさい!

都心にてこんな和名の美しい植物を見れるのはホッと心が和みますね♪
たぶん私も地面這いつくばり派です^^
生き生きと可憐に咲いてる花を見て私も何だかうれしくなりました。
私の方はこれから芽吹きの始まりです・・  待ちきれないよ~

Hayaちゃんへ

勉強不足だなんて、とんでもないですよ~
いつもHayaちゃんのブログで新しい植物を知り、「おお!」と喜ぶ私です(^^)v

高層ビルの足元で、こんな植物をみつけると、もうにじり寄ってしまいます(笑)
周りの皆さんが桜を見上げている中ですから、イヤでも目立ちます^^;
Hayaちゃんの地元も、もうすぐ春の妖精がいっせいに起きだしますね。
昨年、そちらで求めた白カノコソウとパニカム’チョコラータ’も発芽しました!
あ~、また行きたいな~

12月に連れて行ってもらったアークヒルズのガーデンは、こんなになっているんですね!
サクラも満開、山野草も渋いのが植えられているんですね。
あの荒れ寺のようなところですか?
私もたぶん下ばかり見ているおかしな人ですよ(笑)
それに、いつも地面にへばりついています(ズボンが汚れて困ります)
Hayaちゃんとシンゲルさんと私と3人だと怪しい地面這いつくばり軍団ですね(汗)

オキナグサ、いいなぁ~バイモも!
どちらも育てたことあるけど、いつのまにか消滅しました。
こちらでは、年々更新するのですか?
テンナンショウの件、いろいろと気にかけてくださって、ありがとうございます!

おきな草

 私も消えてしまいました(トホホ)
こう言う自然界にひっそりと咲く花達は、環境との相性があるのでしょうね。いきなりよそのお庭につれてこられて 泣いていたかも知れません。ゴメンなぁ~(許)な~んて・・・
東京の街中でしょう?みなさん不思議がりますよ~。

スモークツリーさんへ

年末にご一緒したときは、眠っていたガーデンが、こんなになりました!
もう腰掛けられるベンチの空きもありませんよ~(笑)
杉井さんは花の終わった多年草もあまり刈り込まないし、
殖えすぎたもの以外は、株分けも更新もしないそうです。
消えていくものもあるでしょうけど、どれも元気ですよね~
コンクリートに囲まれた庭だけど、木も多いからでしょうか。


とよこさんへ

マムシグサは生き残ったのに、オキナグサは消えてしまったのですね。残念。
私こそ室外機の熱がこもるベランダに、いろんな植物を連れてくるので、
みんなイイ迷惑ですよ~
ホントに園芸愛好家は、ちっとも自然に優しくなんかありませんね。
それでも、杉井さんの庭は驚かされます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/222-8b7995de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。