スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クリスマスローズの世界展』へ 

行ってまいりましたよ~『クリスマスローズの世界展』!

クリロー展2010 日本クリスマスローズ協会主催、池袋のサンシャインシティで開かれる、このイベントも今年で8回目。クリローファンには見逃せないものです。

入場してまず目に飛び込んでくるのは、吉谷桂子さんの寄せ植え。

どれもステキなのだけど、私は『ブラック&ホワイト』と名づけられたこの寄せ植えがお気に入り!

ブラック(どこまでも濃い紫)のクリローに組み合わせた、ニホンスイセンとプリムラ(’アラカルト’?)が、小さなラッパと花芯に黄色を含んでいるところが憎いです。

さらにスイートアリッサムの小花やリュウノヒゲ’銀竜’?などなどのホワイトを添えて、軽やか~

新品種や珍しい原種もいろいろ紹介されていて、カメラを持参しなかったことを後悔しました。

クリロー展2010#3
上の画像は渋すぎるダブルの新品種。この花色はなんと呼んだらいいのでしょう。

クリロー展2010#2
トルコなどに自生するというヴェシカリウスという原種。こちらも不思議な色合いです。

クリロー協会の会員さんが作られた寄せ植えもいろいろ・・・

クリロー展2010#4クリロー展2010#5

下向きに咲くクリローを高い位置に飾って眺めるバスケットや、大型になる原種フェチダスも大きなコンテナで寄せ植えに。

クリローは大株に育つから、このまま長くは育てられませんけど、好きな品種を思い切り楽しみたい気持ちが感じられる寄せ植えです。

クリロー展2010#6 取材でいつもお世話になっているガーデナーの宇田川佳子さんと丸山美夏さん、松田眞さんたちもショップを開いています。
(丸山さんは絶対にカメラ目線をくれません)

若泉ファームのかわいいクリローを中心にした品揃えで、なんと初回から参加しているのでファンも多いのです。

いつもとは違うお仕事ながら、もともとショップで働いていた2人なので、とても楽しそう!

土日が混むのかと思ったら、一番混むのは初日の午前中とか。クリローファンの意気込みは想像を越えるものですな。

スポンサーサイト

コメント

お、助かりました!

今年は行けないので、多少なりとも様子がわかって助かります。ダークな色の八重は、「グリーンブラック」??

もう8回目ってことは、ブーム10年くらいになるんですね。熱心な愛好家(マニアと書いては失礼ですが・・・)の「目利き」には物凄いものがあると感じるこのころです。

わぁ!素敵なお出かけ(取材かなぁ?)でしたね。
吉谷佳子さんの寄せ植えもかわいい~

あの新品種には、目が点です・・・・
アッシュ・ブラックというかスモークのかかった”さび色”というのか
素敵過ぎます。

スタジオAさんへ

日曜日でも早起きなのですね!
って驚いていたら、取材だったとかで、お疲れさまです。
クリスマスローズが脚光を浴びて早くも10年。
冬~早春のお庭を飾るには欠かせない植物になりましたね。


スモークツリーさんへ

先週は在宅&早寝を心がけ、体調回復に専念しました(笑)が
これだけは行ってまいりました。
ただ、屋内展示(蛍光灯の下)であり、パネル内装という条件で
写真を撮るのは厳しいと感じました。

おふたりから八重の新品種の色の表現をいただきまして、ありがとうございます。
私は茹で栗の中心部の色合いを思い出したので
アンティーク・モンブランと命名したく思います(^^)v


すごいです~~

 こんなクリスマスローズ世界展!行けてええなぁ~~~~~
いい色ばっかりで目が天!!!
う~~~ん 羨ましい~~~(笑)

ありがたいです~。

こんばんは。
こうやってレポしてもらえると行った気になれますね。

クリスマスローズをコンテナへ植えるということ…鉢の中にひとつの
景色ができあがり、見事だな~と思いました。貧乏性なのか、クリスマス
ローズはどうしても地植えにしたくなってしまいます(早く株を大きくしたいと
思うとついつい)。

私も2枚目の画像に釘付けになってしまいましたよ~。
和の雰囲気を感じました(渋めの着物、和菓子)。
イイモノ見させていただきました^^

とよこさんへ

ありがとうございます。
特にびっくりした色だけご紹介しましたけど
ほかにもラブリ~なクリローがいっぱいありました。
クリローの進化は凄まじいですね。

fire-girlさんへ

大急ぎのレポートでも喜んでいただけると嬉しいです。
寄せ植えは花時を楽しむひとつの方法ですね。
視点が変わるから、思いがけない表情が見つけられます。
でも、fire-girlさんがおっしゃるとおり、やはりクリローは地に植えてあげるのがベストなのでしょう。

八重の新品種はやっぱり人気ですね~
う~ん、和の雰囲気もたしかに~

遅ればせながら私もお邪魔します♪
あちこちのブログの中でもクリローが咲いていて目移りします。
しかし、本当にいったいどこまでクリローは進化するんでしょうね?
トルコ自生の原種のものもなんだか面白いけど可愛い。
ダブルでここまで渋いのもまたカッコいいといいますか...
私もこの肉眼で見たいものです。
協会の会員さんの寄せ植えもさすが凄いですね。
勉強になります!

Hayaちゃんへ

ご来庭ありがとうございます。
ホントにブログの中でもクリローは花盛りですね。
ファンの熱い思いが業界を突き動かしているよーに見えます。
この日、私は閉館少し前に行ったのですが、
「あのお客さんは朝からずっといるんですよ」
という方もいらっしゃいました。
凄いパワーに脱帽です。
Hayaちゃんも寄せ植えを作られるんですね。
私は「見る」専門です(^^ゞ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/218-9230b069

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。