スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビイロードでの再会 

夫が学生時代にバンドを組んでいた友人と、ウン10年ぶりに会うというので、くっついて行きました。
ビートルズ世代の彼らが再会するのは、六本木にある『アビイロード』というライブハウス。
ビートルズのコピーバンドによるライブが楽しめるお店です。

六本木交差点のすぐ近くにあり、受け付けでコートを預かってくれるようなライブハウスは初めて(笑) 若いカップルから3世代の親子連れまで、賑わっていました。
久しぶりに聴きましたよ~『ミッシェル』とか『カム・トゥゲザー』

『カム・トゥゲザー』のイントロは、なんど聴いてもドキドキします。
生でビートルズの曲を聴くと、ベースのアレンジとかギターとのアンサンブルとか、凄く斬新で工夫されているのが、私でもわかります。やっぱり楽曲がよいだけでなく、バンドとして優れていたんだな~と、改めて思いました。

アビーロード アビイロードとは、ビートルズがよく使っていたロンドンのスタジオがある通りの名前で、アルバムタイトルにもなっています。

スタジオの前にある横断歩道を渡る4人がジャケットを飾っています。

2000年に初めて夫とロンドンへ行き、ビートルズツアーに参加したとき、ガイドさんが撮ってくれたわが家自慢の画像です(笑)

ここは人が立ち止まると車は絶対止まらないといけない横断歩道なので、ガイドさんはとても気をつかっていました。それにしても、この後の10年で世の中はずいぶん変わりましたね。

そうそう、肝心の再会はあっさりしたものでしたよ~
2人の同級生でもあるお相手の奥様が一番嬉しそうでした!

スポンサーサイト

コメント

それはうらやましい!そしてコピーバンドでもビートルズの楽曲がしみついた我らにはそのサウンドを耳にすれば一気に60年代に戻った気分になります。(生まれたばかりの頃ですが。笑)しかし男の人と女の人では再会時のテンションにはやはり差があるのでしょうか?(笑)私は10年以上振りに友人と会ったときには、やはり「きゃ~っ!」でした。イギリスのアビーロードは私も友達と行きましたのはお話したことがあると思うのですが、シンゲルお姉さんのおっしゃる通り、交通量が激しすぎて(笑)友人と走りながら交代で写真を撮りました。なので我らは小走り状態の写真です。(笑)宝くじが当たったら、シンゲルお姉さん夫妻とビートルズの旅をするのがまるたの夢です。(笑)ちなみに私は「ヤァヤァヤァ」のアルバムが一番好きです。

まるたさんへ

昨夏以来、映画館もライブハウスもさっぱりご無沙汰していたので
久しぶりの生音を楽しみましたよ~(^^♪
まるたさんはオギャ~と言ったときから
ビートルズやストーンズを聴いてたのですね(笑)
ブライアン・ジョーンズのお墓参りだけでなく、
アビイロードもいらしてたとは、初耳です。
あ~、またロンドンに行けることがあるでしょうか。
ぜひぜひ宝くじを当ててくださいね! 私の生きてるうちに!!

ご主人は、若かりしころはバンドを組んでおられたのですね。
また、みんな集っておやじバンドをもう1度ってことはないのかなぁ?
かっこいいと思うけど~~
仕事も大切だけど、何か燃えれるものがあると苦しい時も乗り越えられるような気がします。
2000年~10年前?
シンゲルさんご夫妻が、ここを訪れることがあったら、記念の写メ送ってくださいよ。

スモークツリーさんへ

夫がバンドを組んでいたのは、長崎の学生時代ですから
東京にはメンバーがいないんですよ~
う~ん、残念。
この晩、お目にかかった方はお医者さんで、2人そろって
「もう(ギターの弦を押える)指先がすっかり柔らかくなっちゃたもんな~」
と、言ってました。
ロンドンも遠くなるばかりで
さらに残念で~す(笑)

いいですね~
アビーロード。私も年寄りになる前に、この横断歩道を渡っている写真撮りたいです。

makiさんへ

えへへ、チョイ自慢しちゃいましたよ~
この日、私はガーデンツアーに行く予定だったのに、催行人数が集まらず中止。
でも、歩いてまわるビートルズツアーもとても楽しかったです。
makiさんご夫妻なら凄く絵になると思いますよ~(^^)v

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/215-fc67a84c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。