スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和少女の胸震わせた浅川マキさんへ 

ストレートの黒髪を胸まで垂らし、黒いロングドレスをまとったスレンダーな体。
しゃがれた声でつぶやくように、あるいは深く、圧倒的な迫力で、聴く者に迫るシンガー
浅川マキさんが亡くなった。

昭和の時代の少女には、彼女のいでたち、たたずまい、歌声すべてが衝撃で
「おひとりさま」なんて言葉がなかった当時
アンダーグラウンドのライブハウスで、ひとり淡々と歌うマキさんの凛とした存在感に
ただ胸震わせていたものです。

彼女が歌うのは「情念の世界」といわれるけれど
ドロドロをトーンと突き放したところに立っている。
その立ち位置が、私にはとてもかっこよく見えた。
音楽的には詳しくないけど、大好きなローリング・ストーンズやドクター・ジョンの並びにある リズム&ブルースだと勝手に思っています。

ずっとアンダーグラウンドの活動を続けた方なので、ご存じなくて当たり前ですが
そうした生き方に、今はさらに敬意を抱きます。

浅川マキさん、ステキでした。

スポンサーサイト

コメント

私も新聞で記事を見て、驚きました・・・・
でも私は、リアルタイムでのマキさんは存じ上げません。
あまり、私と歳の変わらないシンゲルさんが密かに憧れておられたのですね。
昭和の時代の少女。。。もうその頃の光景が遠くになっていきますね。
あのころは、大人になったこんな自分がいるとは夢にも思わなかったですよ(笑)
懐かしくさみしい~ご冥福をお祈りします・・・

  • [2010/01/20 00:39]
  • URL |
  • スモークツリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

スモークツリーさんへ

コメントありがとうございます。
昭和の少女は思い切りつま先立っていましたからね~
大人の女性に憧れていたのに…こんなふう(笑)
情けないやら悲しいやら、昨夜からずっと「夜が明けたら」を歌っています。
一番早い汽車にまでは乗ったんですけど・・・どうしてこんなふう???

シンゲルさんは、浅川マキさんをリアルタイムで聴いていたのですね。じーんとしてしまいました。
薄暗いライブハウスで、ステージを見つめているシンゲルさんが目に浮かぶようです。
急ぎ足の時代になっても、浅川マキさんのまわりの空気は、きっと変わらなかったのではないかと思います。

makiさんへ

ありがとうございます。
私はmakiさんのブログの記事には、なぜかコメントできなかったの~

当時は浅川マキが好き、なんて言うと、「暗い~」などと言われ(笑)
それでも、makiさんも近年のライブにいらっしゃったと知り、
古い友人からもメールが届いたりして。
改めて彼女の歌の唯一無二の価値を感じています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/213-97d3ddc0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。