スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデンの冬支度とアップルコンポート 

今年は5月から、宇田川佳子さんと丸山美夏さんという2人のガーデナーさんのお仕事を、取材しています。

早いものでもう年末、クリスマスローズの古い葉を切り取ったり、バラの誘引をしたり、ガーデンは冬支度の真っ最中です。先週は宇田川さんの作業を撮影に行きました。

S邸09_1212
夏に繁茂した植物を整理して、腐葉土をすきこむと、表土の目立つようになったガーデンに、ビオラなどの苗を配置して植えつけます。

バラはまだ咲き残っていても葉をすべて摘み取り、来春に備えて枝を整理して誘引します。

S邸09_1212#2
一般的に2~3年育った枝は切り取りますが、ここは広い壁面を生かして多めに枝数を残しています。「高い所もへっちゃら」というアシスタントさんが、宇田川さんの指示のもとで軒先にも枝を固定。「我慢してできるだけ枝を切らず、誘引でバラの表情を出す」方針です。

「誘引していると、来春の様子が思い浮かんでワクワクする」と、宇田川さんは言います。

S邸09_1212#3 S邸09_1212#4
このバラ’ウィリアムロブ’は、宇田川さんがポットのまま花壇に置いて、5年目を迎えたそうです。ポットの底が抜けて根が地中に伸びだしました(左の画像)。右の画像は作業前の様子。

S邸09_1212#5S邸09_1212#6
このお宅は米軍ハウスとして建てられたものを、若いご夫婦がご自分たちで手を加えて住んでいます。この日は家のまわりにLEDの豆電灯やリースを飾って、クリスマスの準備完了! ロマンチックです~
作業が終わったら、奥様お手製のアップルコンポートをごちそうになりました。
カメラ片手にドタバタしてただけの私も、ほどよい甘さにうっとり~しました(^^ゞ

スポンサーサイト

コメント

以前に宇田川佳子さんとの取材のことをブログに書いておられましたね。
それが、こうして園芸雑誌の紙面を飾るのですね。
クリローと小さな球根の組み合わせ、参考にさせていただきました。
クロッカスや原種のチューリップなどいっしょに植えてみました~春が楽しみです。

バラの誘引は、さすがに決まってますね。
私は、高い所は脚立に乗りますが、ものすごくへっぴり腰ですよ・・・・
自分でも笑えるぐらい~~
ガーデナーってかっこいいけど、すごく大変な力仕事ですよ。

今回は、写真もシンゲルさんなの?
  • [2009/12/15 00:56]
  • URL |
  • スモークツリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

スモークツリーさんへ

はい、宇田川さんには園芸G誌の取材でお世話になっていますが、
今回は並行して書籍の企画を進めています。
予算がないので、クリローやバラの華々しい撮影以外は、私が(汗)

宇田川さんのクリローの記事を見てくださったのですね。
小球根との組み合わせが可愛かったでしょう!
来年はクリローの寄せ植えをなどをお願いする予定で、
来週から撮影が始まります。乞う! ご期待。

バラの誘引作業は初めてみましたよ。
両手を使うので、ハサミは腰に、麻紐は首にかけて作業します。
スモークツリーさんも脚立から落ちないように、気をつけてくださいね~(笑)

びっくり

シンゲルさんこんばんは!
先日は本当にびっくりしました。
緊張のあまり何を言っていいものか..
ブログの中ではお元気Hayaちゃんでも
実は恥しがり屋がばればれ?だったかしら(汗)
でも、私の知らない所で人の優しさも動いている事も知り、それもまたびっくりでした^^
シンゲルさんにも気をつかって頂いて本当に有難うございます<(__)>

バラの事もこれから勉強しなくてはならないな~って思っていて、こうしてバラの冬支度の作業の様子の事もとても勉強になります。
私も少しずつ時間も出来てきたので本屋さんに行ってみようと思ってます♪

※おふたりさんの声はマダム的で今、思い出しても又緊張してきます^^;
でも、嬉しかったです。有難うございました♪

ゲリラ攻撃

Hayaちゃんへ

いや~、突然のゲリラ攻撃で大変失礼いたしました。
慌しい年末に何やってんでしょう~
って思われたことと存知まするぅ。
生きていると、いろんなことが起こりますね(笑)

こちらだって緊張して、いつかお伝えしたいと思っていたことを、
早口で申しあげた次第ですよ。
ちゃんと言えたかな~と心配でした。

ともかくHayaちゃんとの今年のご縁に感謝を込めて!
来年もよろしくど~ぞ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Yさんへ

はじめまして。
『フロントガーデン』をお買い上げいただいて、ありがとうございます。
このページにまでたどり着いてくださって、嬉しいです。

さて、ご要望の件につきましては、メールにてご連絡させていただきますね。
ご来庭、ありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/208-5bf0f0a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。