スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろい、ヘンな植物、みっけ! 

ずいぶんご無沙汰してしまいました汗
ついにブログ仲間のSさんから、「更新ないけど、大丈夫?」というメールまでいただき、面目ありません。

この連休も、仕事・家事・睡眠・家事・家事・仕事・・・という感じで、自分の時間はなかなか作れなくて、新しいお仕事もじぇんじぇん軌道に乗りません。

今朝は夫を送り出した後、フテ寝しておりましたら、近所の交番のおまわりさんがローラー作戦、じゃなくて巡回に見えて、「お休みのところ、すみません」と言われました。
私の顔に寝ジワが刻まれていたのでしょうか!? 勘のいいおまわりさんです!

この間、ただ慌しくぼう然と過ごしてきましたが、ときどきヘンなものを見つけては、「おお!」とか「うひょ~」などと喜んでいました。今日はそれらをまとめてご紹介しますね。

軒まで届くゼラニウムまずは元・駄菓子屋さんの角に植えられたゼラニウム
自販機を追い越して、軒先に迫る高さです!

ふつうゼラニウムといえば、ウィンドーボックスなんかに植えられて窓辺を飾る花ですが、これは「木」ですよね。

家に戻って、園芸植物大事典を見てみると、確かにゼラニウムには低木になるものもあるらしい・・・
でも、これはよくある一般的な品種みたいでしょう?

よく育ちましたよね~
軒まで届くゼラニウム#2株元は右の画像のように、ビニタイでまとめられています。

いったい何本の茎があるのか、しばし観察しましたけれど、わかりません。

ゼラニウムは、すぐに下葉が黄変して枯れ上がるので、つい茎を切り詰めたくなるものですけど、こんな大胆な楽しみ方もあるんですね~
江戸菊 これは園芸家の杉井明美さんの事務所で見せていただいた江戸菊です。

左下の花が咲き始めの状態で、その後、画像を反時計回りに咲き進んだ状態。花弁がどんどん変化して(「狂う」というらしい)、乱れ髪のようになります。

江戸菊には多彩な品種があって、江戸時代の人たちは、こんなヘンなものをおもしろがって価値を認め、その後も長く受け継がれてきたわけです。

誰もがキレイとか凄いと思う、わかりやすいものばかりでなく、ヘンなものも受け入れる懐の深さが、日本の園芸文化にはあるんですね。
なんだろ~ そして、最後のコレは枯れ葉です。
取材先のお庭で見つけたのを、刺繍糸で縦に吊ってあります。

あまりに繊細なレース、中華スプーンを思わす美しいカーブで、葉のつけ根に近い部分に1つか2つのタネ(だと思う)をつけています。

これは何の葉なのでしょう???
落ちていた付近に見当たる樹木はありませんでした。
ご存知の方がいらしたら、ぜひ名前を教えてください。お願いします。


スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです~~
無理やり,引っぱり出してしまいましたね(笑)
だって、シンゲルさんのこんなコラム読みたいんですもん!
変な植物大好きですもん~
江戸菊、かっこいいです!
乱れ髪だなんて。。。ちょっと艶っぽい植物みたいですね。

ゼラニウム~昔、家の近所にもこんなどでかいのがありましたよ。
これ、かなり臭いですから子供心にも不気味でした・・・・
家にもたくさんありました。
祖母がたくさんの大輪の菊や懸崖の菊に混じってアオイ〔とよんでいました〕を育てていたのです。
私が、園芸にはまっていったのはこの小さいときの祖母の影響以外にありません。
そんなことを思い出させていただきました。
  • [2009/11/25 23:57]
  • URL |
  • スモークツリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

スモークツリーさんへ

引っ張り出していただき、ありがとうございます。
ご心配おかけしまして、すみませんでした(ペコリ)

江戸菊は、杉井さんがベランダからわざわざ室内へ入れて、見せてくださいました。
私が記事の最後に紹介したヘンな葉っぱを持参したので、
杉井さんも「私も見せたいものがあるの」って(笑)
ホント艶っぽいですよね~

スモークツリーさんの植物好きのルーツはおばあさまだったのですね!
子どもの頃に見た植物の印象は、結構残っているものですよね。
ゼラニウムを「アオイ」と呼んでいたとは、初めて知りました。

ホントに

お久しぶりでございます!
SさんってやっぱりSさんでしたか~

変なもの三連発ですね^^
あんなに伸びたゼラニウムは見たことないですよ~
思わず私も何本あるのか数えてしまいました。このまま伸ばすんでしょうかね?!(おもしろい)

最後の葉?  何かの繭のようにも見えるんですけど...
何々??? え~~本当に葉っぱなんんですか?  知りたい!

あ、これ

アオギリじゃないですか?
公園でよく見かけました。
果実が裂けて中の種がくっついたままミイラ状態になった感じですよね、多分。
http://www.geocities.jp/plants_name/kiri-aogiri/aogiri.htm
ここに写真が載ってます。
まじめだな~シンゲルさんて(笑)

頭の硬さ補っていただく御礼

Hayaちゃんへ

Hayaちゃんは正しい!
私は「葉っぱ」と思い込んでいたのですが、
Kusakiさんに教えていただいたところによると、
これは果実が裂けた皮(心皮)と種子だそうです。
確かにここまできれいに葉脈をレースにする葉っぱって
なかなかありませんもんね。
「葉っぱでおぼえる樹木」事典ではわからなかったはずです。


kusakiさんへ

アオギリ!! 確かにそばにありました。
教えていただいて、ホントありがとうございます。
私も何かで見た記憶はあったのに、葉っぱだと思い込んで
(それにしてはヘンなところに花が咲いたのね、なんて思って)
ましたよ~

こんな私は人呼んで「泥沼のブルトーザー」 ←ほっといでください♪
って、使い方まちがえてるし(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Fさんへ

泥沼のブルドーザーも、最近はめっきり根気がなくなりました(笑)
でも、心の友たちがそれぞれのスタイルで支えてくれるので、ハートはいつもあったかです。

アオギリの校章を見てみたいな~
私は仕事柄、いろんなことを調べるのが好きで、それなりのノウハウもあるんです
(文章だけだと、無理ですけど)。
こんなネットの辺境を訪ねてくださる方は限られますが、それでもkusakiさんが
ちゃ~んと教えてくださいました。
ブログ仲間はホントにありがたいです。

ご無沙汰してます!
自分も長い間更新してませんが、
植物は沢山枯れても沢山買うので減ってないです(笑)
シンゲルさんはいつもアクティブですね。
近所のプチ驚きも写真にするところを見習いたいです。
ゼラニウム凄いですね。
これだけ大きいとあの独特な香りも強いのかな。
菊御殿も最後の菊も素晴らしいですね。
少し枯れかけた方が美しいなんて羨ましい!

@youさんへ

お久しぶりです。
植物は減ってないどころか、増えているんですね!
更新が待たれますな~
@youさんのブログは手が込んでいるから、なかなか更新できないのだと、
勝手に解釈してますが…

シンゲルさんはいつもアクティブですね。
とんでもございませんよ~
どっちかといえばグウタラ~ですから。
ホンのちびっとのアクトを最大限にブログで書いてます(笑)
このゼラニウムは交差点の角にあるので、たんまり埃をかぶっていて、
香りはしませんでした。
菊御殿は良い香りに誘われて、蜂やらアブやらいっぱい来てましたゾ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/205-65ad88c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。