スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身勝手に思う季節の too much 

4月3日に赤い新芽をご紹介した斑入りアマドコロに、花が咲きました。


斑入りアマドコロ07_4ピンボケ画像ですみません(^^ゞ
おまけに、たった1輪…。でもでも、斑入りの葉の下にちろり~んとぶら下がった姿が可愛らしいでしょ。

後方に見えるのは、秋からずーっと咲き続け、春にはどんどん花数が増えるガーデンシクラメンです。ビオラと同様に花もちも良くて、ベランダが寂しい季節には大助かり。寒い気分を温めてくれるありがたい花です。
ところが、斑入りアマドコロの咲く今は、その盛りだくさんな花姿がtoo much(少し多すぎ)と感じます。

あ~あ、園芸愛好家はなんて勝手なことを言い出すのか!


我ながら呆れてしまうものの、そう感じてしまうのはホントです。これは一体どうしたことかというと、たぶん春爛漫だからでしょう。
多彩な花々が咲き競う季節の中では、咲き誇るボリュームより、爽やかで優しげな表情の植物に、新鮮な魅力を感じてしまうのではないかしらって…身勝手な愛好家は首をかしげて考えます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/20-70a55ac7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。