スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の植物~サントリーホール前のローズヒップ 

ありゃりゃ、ずいぶん久しぶりのアップになってしまいました。
このところ、私にしては珍しくよく働いております(笑)

先週は園芸家の杉井明美さんに、「日本の植物」について取材をしました。
もともと日本に自生していた植物は、今や多くが「山野草」と呼ばれ、園芸店の片隅にあります。小さな鉢植えで、案外と高価だったり、育てるのも難しそ~という感じ。

ところが、杉井さんによると「高山に生えるもの以外なら、もともと日本の気候に合っているから育てやすい」そう。なにより日本人の情緒を育んできた植物たちなので、癒し力が満点というのもうなずけます。

江戸時代、シーボルトやイギリスのプランツハンターたちを夢中にさせた、日本の植物の魅力を自分たちが知らないのは損というもの!
という刺激的で楽しいお話を、S種苗会社の会員誌で連載していただくことになりました。

杉井さんはもう何年も、東京港区にあるアークヒルズのガーデンや六本木ヒルズのさくら坂で、実際に日本の植物を中心にした植栽を手がけています。
東京の人気スポットに咲くオミナエシ! そんな景色をご覧になりたい方は10月6日にアークガーデンのオープンガーデンへ→詳しくはコチラ

サントリーホール前09_09
今はアークヒルズにあるサントリーホール前にも、杉井さんによる「実りの秋の景色」がしつらえられています。
小さなリンゴや黄色のピラカンサに混じって、ローズヒップもありました。

無機質な空間に実ものたちが輝いていましたのに、へたくそな写メで申し訳ない<(_ _)>

スポンサーサイト

コメント

こんにちは!

今は殆ど学名で記された花が並んでいて、せっかくの素敵な和名がある事も知らなかったりします。
そうですよね..日本人なんだもの もっと日本の花を身近に感じていたいです。

杉井さんの「実りの秋の景色」素敵です~♪ 

こんばんわ

Hayaちゃんへ

杉井さんも日本の植物の名前が素敵とおっしゃっていましたよ~
細かなディテールの違いに着目してたり、いろんな比喩があったり・・・って。
日本人の細やかな感性や観察眼が感じられますね。

でもでもね、一方でHayaちゃんのように確実な学名を表記してくださるナーセリーさんは、
どんなにかありがたいです!
とくに私のような商売の者には(笑)
それでもHayaちゃんのボスGPK氏の学名速射砲には、ついていけず~^^;

杉井さんの「実りの秋の景色」は、このあとだいぶお子様の餌食になったようです。おそるべし~

日本の植物の連載、読みたいです!

先日、どこかでコケモモを見ました。
かわいかったです。秋ですね~

ずいぶん、お仕事お忙しそうですね。
園芸に関わることが本業だなんて、素敵です~大変でしょうが・・・・

山野草のようなものは、環境にあえばすごく育てやすいですね。
それどころか、増えて困っています。
オミナエシは、庭のあちこちに生えていますし、ふじばかまも増えすぎて抜いています。
ほととぎすも同じです。

都会の真ん中でこんな野草のようなものに出会えるとほっとするでしょうね。
杉井さんの選ばれるのは、園芸種にない新鮮さがありますね。


makiさんへ

杉井さんの連載は会員誌でやるので限定公開なの~ すみません<(_ _)>

ツルコケモモは普段は目立たないけど、実が色づくと存在感を発揮しますよね!
そうそう、もう秋なのね。
今、事典で調べたら、これが見られるのは本州中部以北なんですって。


スモークツリーさんへ

はい、大好きな園芸のことをお仕事にできて、ラッキーな私です(^^)v
なので、せっせと働きたいところですが、年々ペースが落ちているよ~な(トホ)

スモークツリーさんの山庭は山野草のパラダイスですもの(笑)
ただ、杉井さんもHayaちゃんのボスGPK氏も「殖えすぎないことがよい場合もある」
とおっしゃっています。
やはり庭は自然のままとは違いますからね。

杉井さんは、ご自分が育った里山の景色を庭や寄せ植えにしているのでしょう。
また、都会にこそ、そういう景色が必要だと考えていらっしゃるようです。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/198-c0a10ffa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。