スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆栽という「生きた美術品」の難しさ 

さいたま市北区には、関東大震災後に東京の盆栽屋さんたちが開拓した盆栽町というところがあります(詳しい説明は以前の記事に→コチラ)。

この近隣に来春、さいたま市が『大宮盆栽美術館』を開設しようと計画し、収蔵品?となる国内最高級の盆栽を栃木県の高木盆栽美術館から購入。

開館まで市内の盆栽園で管理されていた5鉢が枯れてしまいました。購入総額は8700万円というから、大事件です。

当初は「薬品をかけられたのでは」なども考えられたものの、市が樹木医などの専門家に調査を依頼。
その結果、1鉢については購入時に既に虫が入り込み根が食害され、ほかは盆栽園が新築した家屋の銅ばり屋根から、銅化合物とフェノールを含んだ雨水が盆栽に降りかかったためと、結論づけられました。

盆栽園では「銅屋根は一般的に使われているし、被害がないと確認しているので選んだ」とのこと。
もちろん盆栽の価値を熟知しているプロが、最高級品を粗末にするはずがありません。

それどころか原因不明で弱っていく盆栽たちを前に、途方に暮れただろう盆栽屋さんの顔が目に浮かぶ園芸愛好家のハシクレです。

これから損害賠償へと話は進むのでしょうが、盆栽は傷んでも被害算定や原因特定が難しいので、保険がかけられないとか。
そういう「生きた美術品」を管理する難しさ、大変さを思わずにはいられません。

スポンサーサイト

コメント

盆栽は、ひじょうに高価なものがあるとは認識してましたが、ここまでとは・・・・
その大切なものが、枯れてゆくときの心境を思うとシンゲルさんと同様に
私も切なくなってしまいますね。
枯れ保証とかなかったのでしょうか?
いったい、誰が責任をとるのかまた、後日談が聞きたい~~

スモークツリーさんへ

なんでも市民の方から、税金を無駄にしたということで、
市長の責任を問う賠償問題は既に起きているようです。
まるたさんによると、TVのワイドショーでも取り上げられていたらしい。
一体どういう決着を見るのか、気になりますよね~
情報が入りましたら、ご報告します。

こんにちは~
長年手塩に掛けたであろう盆栽も盆栽屋さんもとても気の毒に思います。
しかも何千万円も(?!)パァーですよね?
大問題も大問題ですよ!!
この不景気の世の中にそんな事があっていいんでしょうかね?
私もその後が気なります。
  • [2009/09/13 12:41]
  • URL |
  • Hayaちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そ、そんな事件が起きていたのですね。
平均しても1鉢、1千5百万円以上ですよね。どんな盆栽だったんでしょう。
見てみたかった~
見てもわかんないだろうけど…

お久しぶりです。
枯れてしまった盆栽の話、ほんのちょっとですがメディアで話題に
のぼった事があり、私も知りました。
あれから詳細を調べていたんですね。私がこのニュースを知った時は
薬品をかけられた疑いがあるとか言ってましたから。

シンゲルさんの記事を読んで、盆栽がどこに管理されていたのかが
わかりました。ものすごい樹齢の真柏が置かれている所かな?(たぶん)。
ちょっとした環境の変化で、異変をきたすのは人間も植物も同じなのですね。

それにしても1億に近いお金がなきものになってしまったのですから、
市民感情は無視できません。自然相手とは言え、落ち度のないように
盆栽園側も管理しなければならなかったと言われてもおかしくない気もしますし。
高級車一台ほどの市民の皆さんから出して頂いた育成費を背負い、
資格取得をしていた夫のことをちょっと思い出してしまいました…(子どもは
ともかく、夫婦ではそれなりにプレッシャーを感じていましたから)。

Hayaちゃんへ

せっかくコメントいただいたのに、レスが遅くてすみません。
月曜の締め切りが昨夜まで遅れ込みまして<(_ _)>
こんなことはめったになんですよ~(って、言い訳です)

やはりお客さまに届ける植物を管理されているHayaちゃんには、
盆栽屋さんの大変さがよくおわかりでしょうね。
ホント額も大きすぎるし~
私もその後が気になるので、分かりましたら報告します。


makiさんへ

7月中旬ごろ新聞の東京版に「枯れた」記事第1弾が載って、今月初めに原因究明があったようです。
第1弾記事には枯れる前の写真が載ってましたけど、もちろん私にもわからんよ~
ただ、枯れたなかにはもう入れない北方列島から採取して、何十年も育てたものなどがあるので、値段以上の(取り返せない)価値があると思います。


fire-girlさんへ

この盆栽がどこで管理されていたものか、私も知りません。
ただ、fire-girlさんが推察されたように私も思って、よけい気になってるの。
でも、おっしゃるとおり、血税をつかってのことだから、やはり責任は大きいよね。
「ちょっとした環境の変化で異変をきたす植物」を扱ううえで、最悪のケースを想定して対策や了解はとられていたのかが気になります。
なので、損害賠償を請求している市民の方も、相手を盆栽園ではなく行政にしているんだと思う。
fire-girlさんご夫婦がプレッシャーを感じたのと同じように、盆栽屋さんも感じてたと思うのよ~
なんで保険がかけられないのかね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/197-e412f9d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。