スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手山の麓(番外編):バラとクレマチスの庭 

先週、岩手にご一緒したカメラマンのIさんは、ステキなお庭をたくさんご存知で、取材以外でも案内してくださいました。

Sさんの庭
このボリューム、配色の美しさ、なんて表情豊かなバラクレマチスでしょう。

こちらの庭ではバラとクレマの色・形の組み合わせが多彩で、花の高さの合わせ方がぴったしなのに驚きました。

Sさんの庭#2
まるでブーケみたいじゃありませんか!

Sさんの庭#3ベル型のクレマチスで人気の高い’篭口(ろうぐち)’でしょうか。青空のもとで白いバラとの組み合わせが爽やかです。

クレマチスバラの組み合わせは、イングリッシュガーデンの代表的なスタイルとして人気があります。

でも、開花期や草丈をそろえた上で、色や形のコーディネートをするには、膨大な品種の特性を熟知していなければなりません。

バラの品種もトンとわからない私は、ただただ目をみはるばかりでした。
しかも、どの植物も元気で、ステキなシーンを演出しています。
何種類ものバラにおおわれたガゼボ(左下)・・・イスに座ると甘い香りに満たされます。

Sさんの庭#4Sさんの庭#5
アーチへ続く日陰の小道(右上)・・・白の房咲きバラはギボウシ斑入りイワミツバともよく似合って。

市街地にあるそれほど広くないお庭なのに、「ここまでできるのか~」と感じ入りました・・・

スポンサーサイト

コメント

1枚目の画像は、まるで夢のようなお庭ですね。
バラとクレマを同じ高さで咲かすのは、至難の技だと思いますよ!
バラがつる性や木バラなのかわかりませんが、素晴らしいです。
それと、時期を同じようにするのが上手くいきません・・・・
やはり、冷涼な気候もきれいに咲かせる一因でしょうか?

岩手のナーセリーさんのHPもすばらしかったです。
お仕事といえど、いろんなところへ行かれてよかったですね!

スモークツリーさんへ

いつもありがとうございます。
ホント夢のようなお庭でした。
ただ、庭主さんとはお話できなかったので、
バラとクレマをどういうふうに選んで組み合わせているのかは、うかがえませんでした。残念。

私もクレマチスは2株育てていますが、狭いベランダの天井近くにしか咲かせられません(涙)
バラと高さを合わせるコツを知りたいですね。

お仕事のお蔭でいろんなお庭を拝見できて、ありがたや~とつくづく思っております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/186-bcccc246

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。