スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデンフィールズ『シーズンズ』のエコ&ナチュラル 

クド~イという声が聞こえてきそうですけれど、ポール・スミザーさんの庭づくりで欠かせないポイント、エコとナチュラルについて最後に。

ポールさんは、もともとこの場所にあった樹木や温室などの建物をできるだけ残しました。

ガーデンフィールズ#13
こちらは宝塚歌劇の音楽学校だった建物。
今はレストランになっている壁面を、クレマチスやジギタリスがリズミカルに彩ります。

ガーデンフィールズ#12
お茶室だった建物は、屋根瓦を下ろしてマンネングサの生えるサマーハウスへ!
パーゴラにからむテイカカズラが輝くばかりに美しいハーブガーデンです。

屋根から下ろされた瓦はどこへ行ったかというと・・・

ガーデンフィールズ#15
ポールさんがこだわった石壁の中に収まり、バラを引き立てています。
この石壁にはほかにもさまざまな意匠が施されていて、私のお気に入りは・・・

ガーデンフィールズ#16ガーデンフィールズ#17
崩れかけた(と見える)石壁の尾根?に植えられた多肉植物。石壁を伝うプミラ?
チビの私はあやうく見逃してしまうところでしたよ~

ガーデンフィールズ#18 このガーデンは驚くことに無農薬で管理されています。
センテッドゼラニウムにはアゲハやミツバチ、ディルにはカメムシやテントウムシがいて、夢中になって撮影しました(笑)

日々の管理をするガーデナーさんは害虫を見つけると取り除き、漢方系の薬などで虫を寄せつけない工夫もしているそうです。
それでナ~ルホドと思ったのが、このシーン!

ガーデンフィールズ#19
ふつうなら雑草として刈り取られるドクダミが、ヤマアジサイと共演しています。
ドクダミは虫を寄せつけにくいので、あえて残しているのでしょう。

井戸水を循環させている池でも薬を使わず、麦わらを池に沈めて発酵させ、藻の発生を抑えているとか。
これを自宅のため池で試した園芸愛好家の方が、「気温が上がるほどに池の水が澄んでくる」と感心していたものです。

エコでナチュラルなガーデンはいいですね~! 
長々とおつき合いいただいて、ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

あれ?昼間書いたコメント消えてる!

では、改めて・・・。
私は蝶々に釘付けです~!!!(笑)

achamiさんへ

コメントありがとうございます。
2度もお手間をかけて、すみませんでした。ど~して消えたかな…

achamiさんの「生き物」撮りは凄いですもんね!
私は水曜からお庭の取材へ行き、今夜戻りました。
(それでレスが遅くて、失礼しました)
またヘタな画像をいっぱい撮ってきましたので、できるだけ早くのアップを目指します(ホントか~)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/184-41d79cc8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。