スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデンフィールズ『シーズンズ』のフシギ 

ポール・スミザーさんが作ったガーデン『シーズンズ』には、ブログ仲間のスモークツリーさんと行きました。
大阪駅で初めてお目にかかり、そのまま宝塚へGO!
なのに園芸愛好家同士はキャーキャー言いながら、ガーデンを巡りました。
そのくらいステキでフシギなものがいろいろあるのです。

ガーデンフィールズ#8
たとえば、このシェードからの眺め。手前の濃い緑の先に真っ白なグラスの群生が見えます。
「あれはなんだろ~?」と言って近づこうとするのに、なかなか近くへ行けません。

ガーデンフィールズ#9
近づいたと思っても、コゴミ?に阻まれ、「う~ん、シダ類も好きだけどさ」と唸ります。

諦めて、別の園路をたどり始めた途端に・・・

ガーデンフィールズ#10
石壁の背後から登場して驚かされました。フイリノセイヨウダンチクという植物です。
原種のダンチクは関東以西の川原などに自生している見慣れたものなのに、この園芸品種は庭に使うと素晴らしく効果的。
遠く近くに見せる配置といい、ポールさんのたくらむ意外性にまんまとハマってしまいます。

ガーデンフィールズ#11ガーデンフィールズ#12
ほかにも、フッと水辺を見ると食虫植物のサラセニアが群生していたり(左上)、300日も咲き続けるといわれるチュウキンレイ(ムセラ・ラシオカルパ)が鎮座していたり(右上)・・・
植物園でしかお目にかかれないフシギ系植物も見られます。

イギリス人の作るイングリッシュガーデンを見に行ったつもりが、日本(関西)で育てられる植物の多様性に驚かされてしまったというふうです。
スポンサーサイト

コメント

やゃっ!えらい夜更かしですね(笑)
そうでしたね~こんな不思議なものがたくさんあって、二人で大騒ぎしたのも懐かしいです。

あのフイリダンチクには、驚きました!
すごく、かっこよかったです。
シンゲルさんは、いたく食虫植物に感激されていたような。。。。

日本人だとあたりまえなヤツデなんかも植えてあって「そんなん、いらんやろう!」と思ったもんです。

smoketreeさんへ

いつもありがとうございます。
はぁ~、この頃ど~も時間に追われております。
グズなんですよね~

楽しかったガーデン訪問を未だに書いている私。
smoketreeさんのブログはとっくに先の話題へ行っていらっしゃるのに、お恥ずかしい。

smoketreeさんは何度もヤツデに反応されてたのを覚えています。
でも、イギリス人のポールさんには「トイレのそばの木」という刷り込みはないので、
しょーがないやろう(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/183-89127fda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。