スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ仲間の庭~スモークツリーガーデン~ 

ブログを始めて2年半。
お互いに刺激を受けたり、コメントで励まされるブログ仲間の存在は、大きなものです。

三重県にお住まいのスモークツリーさんはそんなおひとり。
先日、実際に彼女のお庭を訪ねることができました。

スモークツリーガーデン
ご自宅とは別に、鹿や猪も出るという山中を整えた庭は、動物たちの食害を防ぐためにラティスなどで囲い、ステキなゲートが設けられています。造作はすべてご主人の手作り!

スモークツリーガーデン#2
夏にはお泊りできるガーデンハウスもあって、スモークツリーさんが丹精したバラの花々に彩られています。

スモークツリーガーデン#3スモークツリーガーデン#4
斑入りギボウシに銅葉の’黒法師’や黄金葉のメギ?という、葉もののバリエーション豊かな組み合わせ(左上)。
銅葉のスモークツリー?をバックに、すっくと立ち上がったジギタリスの白花や大きなアカンサス・モリスの葉が印象的なコーナー(右上)。
*ピーカンに晴れ渡ってイマイチ残念な画像ですけど、クリックして大きくご覧ください。

スモークツリーガーデン#5スモークツリーガーデン#6
電気こそありませんが、山の湧水を引いた水場や夏の日差しを遮る東屋もあり、快適そのもの! 蚊帳を染めたという涼やかなのれんを下げ、ランチをいただきました。

はぁ~、緑の中に溶け込んでしまいそうな昼下がり。
こんなお庭が日本にあるんだな~、と感動しました。

スモークツリーガーデン#7
車がすれ違えないような山道を、ご夫婦は週末を待ちかねるようにして通い、5年間かけて作り上げた庭です。
じつはガーデンハウスの2階から撮影したお庭のほぼ全景画像があるのですけど、「全体像がわかっちゃうとつまらないかも」とスモークツリーさん自身が公開していないので、自粛しときます(笑)
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
ブログだけのお友達は初対面なのに前から知っている人のような不思議な
感覚を起こしますよね。私も数年前にブログのオフ会に参加したのですが、
皆さんと旧友のような感覚でお話できて、面白い出会いもあるものだなと思った
ものです。趣味を通してのお友達は年齢の壁がすっかり取り払われてしまう
のにも驚きました。

以前、シンゲルさんのところからスモークツリーさんのところへお伺いした時に
「すごいな~」としばらく過去記事を読みふけっていたことがあるんです。

ちょっとやそっとの知識と時間では出来上がらない風景は貴重なものであり、
時の重みを感じます。ガーデンショウの即席ガーデンには敵わないものが
ありますね(ショウのガーデンも素敵なんですけれども)。
ガーデニングには気力、体力、能力(ガーデンの構成力、考える頭)が
必要だな~と思うことがあります(ちょっとお金も必要かも)。
ガーデニングって奥が深い!!

自分のお庭をこうして、シンゲルさんのブログで見ると不思議な気がします。
植物も大きく育っていますが、雑草もすごく荒れているのでお恥ずかしい・・・
もっと、私の山庭以外にも道端のノバラやテイカカズラ・スイカズラなど見ていただいたら
よかったと後で後悔いたしました。
園芸種にない美しさに驚かれると思いますよ。
関西は、どこにでもある里山に豊富な自然が残っています。
どの画像も素敵に撮っていただいてうれしいです~最後の緑に埋もれているのがあの日のことを
思い起こさせます。
短い時間でしたが、忘れられない楽しい2日でした!

fire-girlもたくさんの花友がいらっしゃるんですね。
私もこちらでお名前を拝見したとき遊びに行かせていただいています。
とてもマニアックな植物選びに驚いたり共感したりしてます~一人勝手に(笑)
これを機会にまた、よろしくお願いします~
  • [2009/05/29 21:17]
  • URL |
  • スモークツリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

fire-girlさんへ

いつも丁寧なコメントをありがとうございます。
ほんとうにブログのお付き合いはフシギなものですね。
見ず知らずのfire-girlさんとも、ブログを通して同郷人だとわかって、
盛り上がりましたね!
その様子を面白がってくれたのがsmoketreeさんでしたっけ。

昨秋はfire-girlさんがブログで紹介されていたショップを訪ね、このたびはsmoketreeさんがボランティアをしているバラ園を訪ねようとして、厚かましくお庭にまでお邪魔してしまったのです。

同じ趣味をもつ皆さんの豊富な知識や情報に刺激を受け、
私の行動半径も広がっていきます。
ほんとうにありがたいことだと感じます。

smoketreeさんのお庭は、深い山の中にあるというシチュエーションがまず独特。
そこに注ぎ込まれているご夫婦の情熱が、ほとばしるように感じられたことでした。
fire-girlさんがおっしゃるとおり、キレイに整えるだけがガーデニングではなく、庭づくりをトコトン楽しむことこそがガーデニングの醍醐味と思います。

smoketreeさんへ

このたびは本当にお世話になりまして、ありがとうございました。
smoketreeさんにお目にかかれ、ブログでずっと拝見してきたお庭を訪ねることができて、
とっても嬉しかったです。

週に一度行けるかどうかという山のお庭を、どのように管理していらっしゃるのか、
興味津々にお訪ねしました。
でも、実際にお庭に伺うと、そんなことよりsmoketreeさんの植物選びや、
ご主人の造作の凄さに目を奪われ、あっという間に楽しい時間が過ぎました。

ブログの記事には、その楽しさが書ききれてないと感じます(反省)
それにそちらの里山の素晴らしさも、私なりに感じたのですが、
これはまた別の機会に書かせていただくつもりですよ~
東京に戻っても、まだコーフン冷めやらずの私です。

すごーい。

ブログで知り合って交流が続いている人って、どこか価値観が似ているからこそだと思うので、実際に会えて、しかもこんな素敵な庭を訪ねることができるなんて、ほんとうにいい出会いとしか言いようがないですね。

makiさんへ

makiさんがおっしゃるとおり、本当にありがたいことです。
実際にはお目にかかってなくても、ブログの記事やコメントを通しての交流が長いと、
初めてお会いした気がしませんでした。
それでいて、ずっと画像で見慣れていたお庭は、実際に伺うと周囲の環境や空気感など
が加わって、また別の魅力が感じられたものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/179-b505b0ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。