スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京農大あたりでみつけたカラフル 

世田谷区にある東京農業大学の造園科学科が手がけた、『地球を庭にした「造園」の仕事と魅力』という展示を、「食と農」の博物館へ見に行きました。

なんて興味深いタイトル&「いま」を感じさせる博物館ではありませんか!

昨年11月からはじまった展示の第3ステージということで、『1本の緑・大きな緑を育てる技』をテーマに、埼玉県安行の植木生産明治神宮の造園をパネルで紹介・・・

期待が大きかっただけに、ちょいと残念な展示でした。パネル展示の限界でしょうか。

日本造園学会の先生の著書を積み上げた実寸模型より、明治神宮造営のために集められた巨木の年輪などの実寸模型が見たかった~です。

巨木の重みで、あちこちの都電の敷石が割れたという大プロジェクトを実感したかった~

でも、食と農の博物館には、こんなカラフルな展示もあります。

東京農大
農大卒業生が全国で営む酒造の銘酒紹介コーナーです。

1階のカフェでは、飼育しているエミューの卵をつかったどら焼きも売り切れていて・・・
つくづく残念だな~と外に出たら・・・

東京農大#3
シクラメンヒューケラによるカラフルが目に飛び込んできました!

東京農大#4公衆トイレの壁面に潅水システムを埋設した立体植栽です。

工事現場の目隠しなどでときどき見かけますが、ここではブロンズやライムのヒューケラと、シクラメンの葉と花色のコーディネートが魅力的でした。

これも造園科学科の作品なのでしょうか?
こういうものこそ、「地球を庭にする造園」という感じがしますね。

ただ、やはり北側は株が傷んでおりました・・・残念。
スポンサーサイト

コメント

おっと、テーマが大きいですね。
グローバルな庭~地球ですか!
自分の小さな山庭の一部分の植栽も悩む私には、たどりつけませんよ(笑)
でも、最近はどっちをむいても食物と農業が大賑わいですもんね。

飼育しているエミューの卵?とはどんなのですか~~

ヒューケラのカラフルさには、参りましたよ~きれい!!
  • [2009/04/23 00:17]
  • URL |
  • スモークツリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

smoketreeさんへ

いつもありがとうございます。
そうなの、あまりに時節を得た企画と場所だったもので、私も背伸びして、
アカデミックなものに憧れてしまったですね。ガラにもなく…(>_<)

エミューはダチョウみたいな大型の鳥で、
これからの食料危機に向けて注目されているらしいんですよ。
農大の農場で飼育されているのではと思いましたが、早とちりかも。

シクラメンの葉色もシルバーだし、ヒューケラもいろんな品種が入っていて、
またまたサクマドロップ級のキレイ&楽しさでしたよ!


おはようございます

ビンを使った庭のアート、、この前TVでやっていました
すご~く素敵なオブジェになったりしてて
面白かったですよ~

それとメッセージありがとうございました!

ちびか~ちゃんへ

浮き玉とか空き瓶とかきれいなガラスを、アウトテリア(って言いますか?)やインテリアに使うのは良いですよね~
アリゾナのお庭のスタイルとか、また拝見したいです。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/172-eea9c59c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。