スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の海を照らす月 

古い話ですみませんが、2月半ばに熱海へ行きました。
仕事でドタバタしていたお正月休みの代わりにと、両親が誘ってくれたのです。両親との旅行なんて何年ぶりでしょう。覚えていません(汗)

熱海梅園が有名ですから、「梅の時季に行けるのもラッキー!」と楽しみでした。

熱海梅林
ただ、母は足が痛いので広い園内は回れません。2人を茶店に残し、私は急ぎ足で少しだけ園内を見学。煙るような梅林にはお目にかかれませんでしたが、山に囲まれて風情があります。

MOA美術館美術の好きな父向けに行ってみたのは『MOA美術館』です。

山の斜面を長い長いエスカレーターで昇っていくと、熱海市街と海が一望できるムア広場があります。
ヘンリー・ムーアのキング・アンド・クィーンという作品の傍らで、撮影しているわが家のキング・アンド・クィーンです(笑)

この美術館の目玉は、教科書にも載っていた尾形光琳の『紅白梅図屏風』。すさまじい省略と抽象性の中に現れるウメのリアルは、いったい何事かと思わされます。
庭園には光琳の住居も移設されていて、屏風の図案を模した庭もありました。

MOA美術館#2
案内パンフレットにも載っていなかったので驚いたのは、23歳のレンブラントが描いた自画像『帽子をかぶった男』?を見られたことです。
この人の自画像はどの年代のものも情けない容貌で、輝くばかりの若者であるはずなのに、まだ核のない顔に半開きの口が、どれほど自分に対しても客観視できたかを物語っています。

この日はとても穏やかな天気で、夜には大きな月が出て鏡のような海に光の道ができるのを、初めて見ました。
スポンサーサイト

コメント

キング・アンド・クィーンが楽しそうに写っちゃって!(笑)お天気もよかったのですね~。また親孝行しに、こちらへもぜひいらしてくださ~い。ただいま梅の花が咲き乱れております。桜の開花も早いとの予報で、こちらもぜひ!!

まるたさんへ

おお、そちらのサクラはしばらく眺めておりませんもんね~
4月にはお団子を持って行きたいです(^^)
まるたさんともしばらくお目にかかってないので、
また遊びましょうね!

こんばんは★
あ~、なつかしの熱海です。
1度目は大学の卒業旅行の伊豆周遊で行った熱海梅園。
2度目は夫(当時は彼氏か)と行った初めての旅行でした。
共に行った時期は2月半ば過ぎでしたが、暖かかったので
梅は見頃を迎えていました。

学生時代は美しい梅と友人と一緒に変な格好をして無駄な
写真を何枚も撮った思い出がありますが、夫との旅行は
なんだか微妙な空気感が漂ってました。
結婚記念日も数日後に迫っており、大変懐かしい気持ちに
なっています。2度も同じ場所を訪れていながら、美術館には
行ったことがありません(汗)
熱海市外と海を一望したのは宿の露天風呂でした(失笑)

シンゲルさんの記事を見ると私の思い出の地がよく出てきます~♪

ご両親との小旅行、よかったですね!
シンゲルさんのお母様は、素敵なマダムって感じです~
海に光の道・・・そんな幻想的なの見てみたいです。

モア美術館は、ぜひ行きたいとおもっていますがまだ、実現しません。
ここは、仁清の色絵壺も有名ですね。
絶対に所有することはできないけど、美しいものを見ると幸せな気持ちになれますね。
  • [2009/03/07 23:22]
  • URL |
  • スモークツリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

fire-girlさんへ

あらら、またfire-girlさんの思い出小箱をあけてしまいましたね(^^)v
カレシだったご主人との微妙な空気感漂う熱海なんて、聞き捨てなりませんゾ(笑)
数日後に結婚記念日を迎えられるとは、ますますお幸せに、ね。
私も宿のお風呂で初島の灯りを眺めながら、「ありがたや~」とシアワセ感じてました。
こっちはやたらババ臭い?


smoketreeさんへ

smoketreeさんは美術にお詳しいのですね。
確かに野々村仁清の国宝『色絵藤花文茶壺』があります。
ここは金色の茶室もあって、建物自体が変わっています。
スケールが大きすぎて寂しい感じが、共産圏の建造物みたいな印象でした。
初めて母を車椅子に乗せて見学したもので、父の足を轢いてしまい、
静かな館内に「いてぇ~」という父の絶叫が響きました(大汗)
美しいものに触れたシアワセも台無しで~す。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/164-f476955f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。