スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、トトロの家にバラは咲くだろうか 

昨年5月に参加したオープンガーデンクラブ東京のツアーのなかで、『トトロの家』として親しまれている古い住宅を見ました。

トトロの家
つるバラの生垣にシランが寄り添い、1939年に建てられたという家を彩っています。
宮崎駿監督が著書『トトロの住む家』に紹介したことから、レトロなたたずまいが知られるようになり、杉並区が買収して今春から公園としてオープンする予定でした。

それが昨日未明に全焼。放火されたようです。
怒りを通り越して、ぼう然としてしまいます。
手つかずの自然も大事ですけれど、庶民の暮らしから生まれたこういう景色が残ることも稀で、やっとそのかけがえのなさが認識され、署名運動をしたたくさんの人の思いがかなったのに・・・

トトロの家#2
このつるバラは、今年咲くでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

とても、残念です。
私も昨夜のニュースで見て驚きました・・・・
シンゲルさんは、行かれたことがあるのですね。
なにか昭和の匂いがするようなお家だったんでしょうか?
シランの生垣なんて、ノスタルジーじゃないですか~~
  • [2009/02/15 20:34]
  • URL |
  • スモークツリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

smoketreeさんへ

そうなんですよ~
まさに「昭和の匂い」がするようなお家と庭で
そこだけ時間が止まっているような不思議なやさしさがありました。

立派なお家や見事な庭園だけでなく、こういうお家や庭も貴重だと思います。
素朴だけれど丹精されたものの美しさ、注がれた愛情が感じられたのに・・・ホント残念。

ショックですよね。
私もまだ行ったことはなかったのですが、なんの理由があって…と思います。

花の咲く季節になってきましたね~

makiさんへ

世田谷でも築120年の古民家が焼けてしまいましたよね。
東京が乾きすぎているんでしょうか。
空気も人の心も…

先週の暖かさで植物もすっかり気を許してしまったのに、
今夜は東京でも雪になるかもしれないとか。
東京の雪は春の先駆けですね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。