スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の景色が戻ってきた嬉しさ 

年越しでやっていたお仕事が、やっと峠を越しました。
はあ~、ホッとしました。年末の大掃除もしなかったので、今日はレースのカーテンを洗ったり、いくらでも家事があります(笑)

春の準備は何もできていないベランダでは、植え放しのアネモネが咲き出しました。

アネモネ09_01セネシオ’紫月’09_01
右は昨夏、「球根屋さん.com」の井上まゆ美さんに選んでいただいた多肉植物、セネシオ‘紫月’の花です。

黄色い花の左下に見える紫の球体が蕾で、すごく可愛い! 線形の銅葉はニューサイランですが、その株元に見えるプクンとした緑のかたまりがセネシオの葉です。

こういう日常の景色が楽しめるのは、ありがたいことだな~とつくづく思います。

モンスーンカフェ井上さんには年末に園芸誌の打ち合わせでお目にかかって、多肉植物にかける意気込みをうかがいました。

球根にとどまらず、最近は多肉植物のラインナップがとても充実。熱烈なファンの多いネットショップで、農園もオープンされています。

打ち合わせの後は、田園都市線のたまプラーザにほど近い、『モンスーン・カフェ』に連れて行っていただきました。

私も名前だけは知っていた有名なタイ・レストラン。高床式の造りやインテリアが凝っていて(左の画像)、ランチはリーズナブル!
人気のはずですね~(^^)
思わずパチリ。
スポンサーサイト

コメント

シンゲルお姉さんがなかなかブログを更新されないので(笑)まだお仕事が決着しないのかなと心配しておりました~。毎日の強風の中、ちいちゃな花たちは頑張っているのですね。こちとら人間も寒さにひゃ~ひゃ~言ってばかりもいられません!「ありふれた奇跡」というドラマも始まりましたが、本当に小さな幸せを幸せと思えるよう、少し心に余裕をもって今年も生きていきたいと思います。

まるたさんへ

素早いコメント、ありがとうございます。
一山越えると、また次の峠があったりしますが(笑)、急所は越えた感じです。
お正月に顔を見られなかった両親に、早く会いに行かねばと焦りつつ(ん、なにか別の魂胆が見え隠れ??)、日夜働いております。
「ありふれた奇跡」おもしろいですか?
映画「ウォーリー」は結構おもしろいと、園芸誌のH編集長がおっしゃってました。植物好きにはグッとくるらしい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/154-fe100624

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。