スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいスイーツを作る人たち 

この1カ月ほど、洋菓子作りのプロ「パティシエ」さんの取材をしています。
製菓学校でパティシエを目指す学生さんから、町のケーキ屋さん、レストランやホテルで働くパティシエ、ネットショップを開く方・・・
いろんなところで、おいしいスイーツが生まれています。

マカロン
こちらは大手有名菓子店の工房に並んだマカロン
キレイですよね~♪

でも、お菓子作りは材料の計量や温度の設定などが、とてもシビアで「化学反応の世界」なのだそうです。

ホワイトチョコレートホワイトチョコレートを1つずつコーティングしているところです。この後、トレーに並べると固まらないうちに、フォークの脇でラインを刻みます。

この作業が何10回と繰り返される間、私はどう息継ぎしてよいか困りました(笑)
均一なものを作るために、そのくらいの緊張感が漂います。

早朝5時とか6時から働いているパティシエさんが多いのにも驚きました。

だから「ケーキ屋さんになりたい」と願う女子は多いけれど、働き続けることは大変なようです。
頭が3つも4つも入りそうなボウルに、肘まで突っ込んで生地を混ぜている女性パティシエには、リスペクトを捧げずにいられません。

疲れているとき、たった1口で幸せな気分にしてくれるスイーツの魔法は、こんな人たちがかけているのでした。

スポンサーサイト

コメント

取材お疲れさまです。おいしそうな裏側はどれも大変な苦労がありますね。
でもおいしそう!私なんて本を見ながらの料理はまぁまぁ上手に出来上がりますが(笑)お菓子類だけはダメです。センスなし!先日も失敗しました!とほほ。そろそろお仕事も完了ですか?

おいしいスィーツを食べると心まで温かくなりますね。
まるできれいなバラを愛でるように喜びが溢れるのは、こんなに心をこめてつくられている
パティシェの方の力なんですね。
何ごとも人を感動させるには、目に見えない努力とセンスですね。

シンゲルさんの取材されたこの記事もぜひ、読んでみたいです~
よかったら教えて下さい!

それにしても、マカロンきれいで美味しそう~~

まるたさんへ

まるたさんも早起き、お疲れさまです<(_ _)>
お菓子作りにセンスはもちろん必要なのでしょうが、いつもおいしいものをコンスタントに作るためには、何回となく繰り返すしかないそうです。
タイガー・ウッズかイチロー選手が言っていた「神様は僕に”絶えず努力する才能”を与えてくれた」という言葉を思い出しましたよ~
私の努力?ももうしばらく続きそうです(笑)


smoketreeさんへ

いつもありがとうございます。
そうなんです。このチョコを作っていらしたパティシエさんがおっしゃったのは「僕が作るチョコは何10個であっても、あるお客さんが口に運ばれるのはたった1つのチョコですから」って。
そのお客様のために1つずつ丹念に作ってらっしゃるのです。
私が今、作っているのは実用書なので、こんなイイ話はほとんど書けませんよ~
マカロンはまるで宝石みたいに見えました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Tさんへ

パティシェは洋菓子を作る職人さんです。
自分で作って自分で売っている方もいますし
会社員として大きなメーカーに勤めている方もいます。
パティシェになるには、専門の知識や技術を習得しなければならないので
まずはお菓子づくりの本やサイトを見て
美味しく作れるか挑戦したらどうでしょう?
失敗したら、何が悪かったのか研究してみる。
そのくらいお菓子に愛情と情熱があれば、パティシェになれると思いますよ~♪
誰でも最初から上手ではないのでは?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/148-6f619bbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。