スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃園川緑道の刺激的な植物観察 

高円寺には、桃園川にフタをしてしまった『桃園川緑道』という遊歩道があります。
先週、ここを歩いていたら・・・

桃園川緑道のカリン
頭に落ちてきたら痛そうなほど、大きなカリンがたわわに実っていました。
環七の歩道に落ちたギンナンは、すぐに拾われてしまうけれど、このカリンを収穫する方はいらっしゃらないのでしょうか? もったいないかも~

桃園川緑道のワイヤプランツ
そして、これらは高さ1m以上になっているワイヤープランツです。 中に支柱があるのかしらと、小葉をかきわけて覗いてみても、仕組みはわかりませんでした。
横に広がる草姿なのに、まるで円柱状に刈り込まれたトピアリーに見えます。フシギ・・・

桃園川緑道の西洋アサガオ
こちらは緑道そばの駐車場壁面です。’へブンリーブルー’と思われる西洋アサガオの見事なタペストリー!
朝8時過ぎに通ったとき、どなたか花がらを摘んでいらしたので、丹精込めた群植です。
「帰りまで開いてておくれ~」と願いながら、午後3時ごろ通ったら、まだまだ鮮やかに咲いていました。

桃園川緑道の西洋アサガオ#2日本原産のアサガオと異なり、西洋アサガオは8~9月に咲き始め、霜が降りるころまで咲くとは聞いていましたが、10月末にこれほど見事に咲くとは驚き。

それに日中いっぱい開いているのは、やはり「朝顔」と別物の趣きで、思い切った壁面への誘引が効果的だと思いました。

都会の住宅街を縫う路地のような遊歩道でも、びっくりしたりフシギだったり、いろんな発見があるものです。
スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん、お風邪はひどくないですか?
急に寒くなったりしたからね。
体調の悪い日は、早く寝るのが一番です~私も早く寝ないと・・・・

オータムとサマーが入り混じったところですね。
プミラをオブジェに這わせていた知り合いがいましたよ。
なかなかかっこよかった~~

大阪では、以前からこのブルーヘブンが野生化して宿根するんですよ。
ランタナも低木のようになっている亜熱帯ゾーンです。
私の住んでるところは、どちらも冬は枯れてしまいますよ。

smoketreeさんへ

体調のご心配いただいて、すみません。
今週は公私共に慌しくて、ちょっと体がついていってませんでした^^;
お言葉に従って、この週末はたっぷり寝てますよ~

大阪では宿根しますか、アサガオが!
ランタナを刈り込んで花壇の縁取りにしてるのを見たのは、エジプトです!
う~ん、関西の暑さは聞きしにまさる凄さかも。でも、それは限られた都会のヒートアイランド現象なのですね。
東京も同じで~す。


そうだったのですね、なぞが解けた。
近所に青い朝顔が咲いていて、こんな時期におかしい!気候変動だわ!と思っていたら、西洋種だったわけです。納得。
お風邪をひかれていたのですか?
お大事にしてください。

リリエンベルグも懐かしいです。
いや、行ったことはないのですが、某編プロに居たときに、取材リストにあったな~と。市内なのに、なかなか行けないな~と。

またshimが高円寺でライブですが、お時間があるようでしたら。今度はバンドだそうです。でも、地元だからといってくれぐれも、ご無理なく!

makiさんへ

日本には世界一を誇るアサガオの園芸品種数がありますが、原産地は不明だそうです。
これらに対して、西洋で改良されたものを西洋アサガオと呼んでいるようです。
日本では「変わり咲き」などの花形中心に改良されたけど、西洋では開花時期や時間などに手を加えられたのですね。

月曜日のshimさんライブは気になっているのだけれど、当日は近郊への取材があり、時間と体調がビッタシくるのを願っているところです。
今回は3Pバンドというので、楽しみなのに風邪の奴がど~もね(泣)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/145-38388998

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。