スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古着屋の街ではじめてのお買取り体験 

私はいろんなことをメモする癖があります。
購入した洋服もメモしておくと、もう何年着ているか、いくらで買ったものか、すぐわかるので便利だと自分では思っています(笑)

先日、その洋服メモを見ていたら、2005年を境に買った洋服点数がグンと増えているのに気づきました。購入額はとくに増えていないのに、です。

なんでだろ~??? 思い当たったのは、ユニクロなどの存在もありますけど、高円寺古着屋の街と化したこと!
板チョコより安いTシャツをゲットして、喜んで書いたこともありました(記事はコチラ)。

しかし、増えた洋服は収納しきれなくなり、衣替えを機会に整理。サイズが合わないものなどを、これまた買取りをしている古着屋さんへ持ち込みました。

もともと安物買いですから買取り価格はともかく、どんなものなら引き取ってもらえるのか、ドキドキの査定をお願いしましたら・・・

7点の中からOKが出たのは2点! ブランドの古着ジャケットと昨年買ったチュニックだけでした。一度も着てないU社のジャケットだってあったのに(汗)
結局、ブランドものか1年経ってないものが買取りターゲットなんですね。

で、提示された買取り額は275円(笑)。「改めて洗濯もしたのに~」なんて苦笑してたら、領収書がわりの用紙に必要事項を書き込むように言われて、びっくり!
住所・氏名はもちろんですが、職業やお店までの交通手段に所要時間などなど・・・。

査定のお手間をかけたのに恐縮だったけれど、ここまでの個人情報は出せないと思ってキャンセルさせていただきました<(_ _)>

古着の買取りは古物売買にあたるから、詳しい情報を求められるのでしょうか。
不勉強な私は、買うのは簡単だけど、売るのは覚悟がいるんだな~と思いました。 

そして、お手頃だからといって安易な買い物をしてきたことを、大反省です。
これらの古着は、お客様やスタッフが古着の物々交換をしている旧知の美容室が引き取ってくれました。ありがたいことです。

スポンサーサイト

コメント

わかるなぁ~~

シンゲルさんは、やっぱりお仕事柄メモ魔ですね。
私は、物を捨てれない困った人なんですよ・・・変なものが山ほどあります。
若い頃は、よくもあんなに高い洋服かったなぁ~って驚きますね。
最近は、私も低価格のものが多いです。
でも、買取価格は安い~~
以前、古本をbook...へ持っていったことがありますが、そこまで安くなかったけど
もう、二度と行くまいと思いました。。。。
ヤフオクで売りましょう!!

smoketreeさんへ

私もモノを捨てるのは苦手なんですよ~^^;
でも、せま~い場所に暮らしているので仕方なく、せめてリサイクルできればと思いますよね。
smoketreeさんはヤフオク使っているんですか?
面白そうだな~とは思いながら、まだ使ってみたことないんです。
経験談を教えていただきたいな。

シゲンルさんは、洋服メモをとっているんですね。なるほど~

それにしても、洋服を売るだけでそんなに細かい個人情報まで必要なら、結構ですって言いたくなりますよね。
私も以前はフリマなんかに出品して着なくなった洋服を売っていました。最近は、本当に洋服を買わなくなってしまったので、売れるものもないですが、捨てるにはもったいないようなものは、「かにた婦人の村」というところに送っています。
そうそう、先日、夫がヤフオクで仕事机を売りました。落札されないこともありますが、試してみのもいいかもしれません。

makiさんへ

お久しぶりです(^^)
はい、なんでもメモるシンゲルです。
「かにた婦人の村」のことを教えてくださって、ありがとうございます。
早速調べてみました。
日本にこうした施設があったとは…
もっとちゃんと知りたいなと思いました。

それに、makiさん家もヤフオク利用者なのですね!
どちらにしても、これからは使い捨てなんてしないように、モノを活かしきっていきたいものですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/142-339d2f35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。