スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりの『Little garden』シスターズ 

先週は久しぶりのお庭を訪ねることができました。
バラ・草花担当の真美さんと、手作り雑貨担当の友美さん姉妹が開いているガーデン&自宅ショップ『Little garden』です。

リトルガーデン08_10
おふたりはネットが普及する前からイギリスのタネを取り寄せ、バラやジキタリスが咲き誇る可愛らしいイングリッシュガーデンを作り、自宅ショップという言葉もなかった90年代半ばに庭先で苗を売り始めました。

その頃から取材で何度もお世話になりながら、しばらくご無沙汰していたのです。
でも、この間も『国際バラとガーデニングショウ』のガーデンコンテストに、3年も連続出場!
ガーデニングに注ぐ愛情と情熱は、ちっとも変わらないな~と感じます。

リトルガーデン08_10#2友美さんのクラフトもますます充実。庭に面した1部屋を改装したショップに、夢見るようなロマンティックやナチュラルな手触りが溢れています。

でも、住宅街にあるショップですから、訪れるお客様も少なくて、「これで大丈夫なのかしら~?」と気になってしまいます。

なのに、お2人は「どうでしょう~?」なんて顔を見合わせて、笑わせてくれます。そうそう、出会った頃からこんな感じでしたっけ(笑)

メディアに取り上げられたりガーデンコンテストに参加するのも、ご自分たちの好きなことをやっている延長線上のできごと。
エネルギーのベクトルは、いつもご自分たちがどれだけ楽しめるかに向いているのです。

実体のないところでお金儲けに向かった、アメリカ発の凄まじいエネルギーが、世界中の人の暮らしに影響を与えているニュースを横目に、『Little garden』フォーエバーと念じます。

スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん~

うんうん、そのショップ何回か雑誌で見たことがあります。
お顔も~好きなことを仕事に出来てうらやましいかぎりです。
でも、趣味じゃないから現実はいろいろ厳しいだろうなぁ~って想像できますね。

アメリカの経済破綻が、知らないうちに自分の生活を脅かしているなんて・・・気がつけば、ほんと暗いニュースばかりで滅入りますね。

ショップのお二人には、がんばってほしいですね!

smoketreeさん

日曜日も早起きさんですね~(^.^)
さすがsmoketreeさんは『Little garden』をご存知でしたか。

当時は霞でも食べているのかしら?なんて思うほどのお2人でしたけど、今は友美さんは別のショップの店長さんもなさっています。
その仕事を休んでまで参加している国バラのコンテストでは、「ふつうは宣伝のために参加しているのに、あなたたちは何が目的?」と尋ねられてしまったそうです(笑)

お2人はほかのガーデナーさんに会ったり、その仕事振りを見られるのが、「すごく刺激的」なんですって。
この商売っ気のなさは、今時ホント珍しいですよ~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/140-99e23c1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。