スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボヤボヤしてたら冬の足音、春の気配 

中秋の名月を迎え、暦は秋になっても、汗拭きタオルが手離せません(笑)

水切れしているコンテナにジャブジャブ水をやっていると、見慣れぬ植物の存在に気づきました。「君は誰だったかな~?」と、しばらく考え込んで・・・

ムスカリの芽アネモネの葉
左上はムスカリの芽、右上の切れ込みの深い葉はアネモネと気づきました。早っ!
春に咲いた球根を植えたままにしてたら、「夏はとっくに終わってるよ」と言われた気分。

冬咲きクレマチスの芽
はぁ~、そうだったかと、ベランダを仰ぎ見たら、冬咲きクレマチスのシルホサ’ジングルベル’も、もう新芽を出しているではありませんか!

夏は休眠して、枯葉をつけたミイラみたいになってたくせに、いつの間に目覚めたのか・・・
この間、忘れずに水やりしてきた園芸愛好家を上回る律儀さに、やっぱり驚きます。

育てているつもりの園芸愛好家がボンヤリしていても、植物はちゃんと季節の巡りを教えてくれるので、ありがたいです(^^)
スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん~

でも、ずいぶん涼しくなりました~というか、夜は寒いくらいです。。。

私は、夏の暑いころは水切れで枯らすことはなかったのに、このあいだうっかりしてて
いくつかの鉢植えの草花(アジサイなど)を瀕死の状態にしてしまいましたよ。
生き返るかは、微妙です。。。
油断してしまったんです。

シンゲルさんのコンテナは、もう球根の芽がでてるんですね。
そろそろうちも植えないと、クレマは枯れたと思っていたら生きてるんですよ。
ちゃんと季節を忘れずにいてくれる宿根草が好きになるわけです!

smoketreeさんへ

この時期、ついボンヤリしてしまうのは私だけではなかったのね~(笑)
気温や乾燥の度合いも変化が激しいので、植物も体調も管理が難しいのでしょうか。
風邪をひいている方も多いみたい。

私もちょっとヨレヨレですけど、クレマチスに励まされて、次の季節を楽しもうと思います。
smoketreeさんのお庭の秋の深まりも楽しみにしてますからね(^^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/135-d7dd4c9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。