スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春は花木の愉しみ 

梅が散ったら、銀葉アカシアが咲き、今は沈丁花が満開です。東京砂漠?に暮らしていても、は街のあちこちで花木を見る愉しみがあります。

でも、もっとも心待ちにされているの開花について、気象庁は本日、予報の訂正と謝罪会見をしました。なんでも予報計算をするコンピュータのデータ読み込みに誤りがあったとか。それがニュースになる日本という国はホント面白いですね。

もちろん、花見弁当に花見茶屋、警備や交通整理…いろんなお仕事がの開花に左右されるのでしょうけど、そこまで人をあたふたさせるの力にこそ驚かされます。
でも、でも、ご覧ください。この妖しの美!

千鳥が渕2004
人込みは苦手でも、千鳥が淵の夜には、「ここに出会えてよかったあ~」と思わされます。東京が世界に誇れる景観ではないでしょうか。

開花予報にじらされて、今年はへの想いが募ります。どんなが見られるでしょう。

スポンサーサイト

コメント

お!!素晴らしい光景ですね!
もちろん・・・去年の?
しかし、毎年花見花見と騒いでいる人の、気持ちが分からない!(笑)
じゃ、月曜日にね!

achamiさんへ

ええ、ええ…2004年の千鳥が淵でございます。早くもネタ切れ?? 違いますよー。
確かに花粉症の方には辛い季節ですから、お大事に。

テレビで言ってました


そろそろ桜も本格的に咲き始める暖かさになってきましたねぇ~。
テレビで言ってました。
今年は「桜の写真を撮ろう!」てなことで、書店では桜の写真集が積まれているらしいですよ。旅にでも出ないと
写真に収めることもなく目で見るばかりになってしまう私ですが、今年はこの写真のように素敵な桜を撮ってみたいですぅ~。

まるたさんへ

ご来庭、ありがとうございます。
ほんと昨日からまた暖かくなって、嬉しい! 来週は満開になりますね。

花の一番きれいな姿を写真に収めるのは、タイミングが難しいものです。園芸のカメラマンさんたちはとっても早起き。寝ボスケの私なんかは、「後から来てください」なんて言われてしまいます^^;

まるたさんも早起きみたいだから、素敵な桜を撮る素質がおありでは?
でも、写真に撮れなくても、目で存分に楽しめれば、それも良しですよ。眼福、眼福…って!

見飽きるくらい桜を眺めていたいものですね。





コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/12-50667623

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。