スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデンアイランド北海道を旅して 

サミットを控え厳戒態勢の北海道へ行ってきました。昨夏に続いて園芸雑誌の取材です。
昨年はステキなお庭の数々に、ただただ溜め息ついたり、大コーフンしていましたが、今年は「北海道の園芸力」をしみじみ感じて戻りました。

雑誌掲載の前なので、さわりだけ紹介させていただきますね。

Nさんの庭
ヤマボウシと大輪のクレマチスギボウシのバリエーション・・・いずれも見事に育ったNさんの庭は、原生林(沢の雑木林)に続いています。フェンスはありません。
切り株上のバードバスでは、野鳥が水浴びを楽しんでいました。

緑豊かな雑木林の景観とNさんが丹精込めた庭は、どちらも魅力的で互いを引き立てあうように感じました。自然と人の共生、人はなぜ庭を作るのだろう?などと、いろんなことを考えさせられたものです。

えこりん村銀河庭園
こちらは千歳空港からほど近い『えこりん村』というテーマパーク内の『銀河庭園』です。英国チェルシーフラワーショーで金賞を受賞しているバニー・ギネスさんが手がけています。

北海道で野生化しているシャスタデージーの群生する草原と池。池の正面には朽ちた要塞があり、内部には人の野営した痕跡が・・・
振り向くと、小高い斜面に神殿のように配置されたいくつもの庭が目に入ります。

まだオープンから間もないため、植栽された植物は小さいものの、凝ったツリーハウスやオーナメントなどが遊び心に溢れ、まるで『ロード・オブ・ザ・リング』のホビット村という趣き!
のびのびした北海道ならではの空間を満喫しながら、子供から大人まで楽しめる新しいタイプのガーデンです。

今回、同行したカメラマンのIさんは、学生時代に人文地理を専攻して北海道をバイクで回りながらフィールドワークをした方ですが、「北海道も変わりましたね~」とおっしゃいます。
その変化を牽引しているエンジンのひとつが、「園芸力」だと感じたものです。

ガーデンアイランド北海道2008』を応援するお土産グッズのご紹介を、次回に。
スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん~

お仕事、お疲れ様!
この素敵な取材の内容は、来年の雑誌に掲載されるのですかねぇ~
実際に行ったことがないのですが、北海道のガーデンはスケールが違いますね。
広大な大地と気候の違いのせいだけでなく、人間もちがうのでしょうか?
楽しみです!

シャスタデージーが野生化して増えているのですか?
このことは、自生の植物に何か悪い影響があるのでしょうか?
私も、山庭に園芸種を植えるのは気を付かないといけないかなぁ~と考えるんですが・・・・
どうなのでしょうか??

smoketreeさん

いつもありがとうございます。
今回取材したお庭は、来年GW明けに掲載の予定です。
けっして広い所ばかりではなく、でも個性溢れるステキなお庭ばかりでした。

北海道の方は確かにオープン・マイドな気がしますし、庭好きの方々の連帯感も強いです。
お互いに刺激&協力しあって、ガーデニングを楽しんでいる様子が、またステキです(^^)

北海道ではシャスタデージーとルピナスの野生化が目立ちます。
すでに北海道の「景色」になっています。
その結果、駆逐されてしまった原産種があるのかどうかはわかりませんが…
ビオトープガーデンに詳しい泉健司先生によると、園芸種が庭から逃げ出すのはまだよいそうです。
他の地方の原産種が逃げ出すと、自然分布がわからなくなって、とても困るそうですよ。

羨ましいです!北海道!
今日みたいなうだるような暑さとは無縁なんでしょうね~
空気が違うっていう感じの写真です。(溜息)

makiさん

お忙しいのに、いつもありがとうございます。
この数日、東京近辺の蒸し暑さはヒドイですよね~(泣)
北海道は「昼間暑くても、夜温は下がるので、植物によいみたい」ということです。
なんといっても空の広さが、人間にもよいみたい!(^^)!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/118-0fedfd0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。