スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジサイの季節の東京ミッドタウン 

梅雨の晴れ間、思いがけなく渓流に咲くガクアジサイに出会いました。

立檜町公園
東京都港区立の檜町公園です。

檜町公園と東京ミッドタウン六本木交差点から徒歩5分。広大な防衛庁跡地に、最新のランドマークとしてそびえる『東京ミッドタウン』と隣接しています。

ミッドタウン4階にあるレストラン『ボタニカ』で、吉谷桂子さんデザインのバルコニーガーデンも見たかったけれど、この日は区立公園の東屋で休憩。

目の前の池を渡ってくる風が心地よく、都会ならではの景観を楽しみました。

ここはもともと「檜屋敷」と呼ばれた長州藩毛利家の庭園だったとか。旧防衛庁ができた1963年に都立公園になり、ミッドタウン建設に伴って再整備されたそうです。
今のところ都内でもっとも高い建物の日陰になることを考慮してか、アジサイのほかにはヒペリカムビヨウヤナギ)やヒイラギナンテンなどのシェード向き植物が目立ちます。

檜町公園#2ミッドタウンガーデン

公園に並んで、ドイツ出身の造形作家フロリアン・クラールによる「フラグメントNo.5」という作品が置かれたミッドタウンガーデン(画像右上)もあって、のんびり歩くにはぴったり!

国立新美術館
すぐ近くには国立新美術館もオープンしたので、このあたりの人の流れは大きく変わったようです。美術館では以前にご紹介したオーストラリアのエミリー・カーメ・ウングワレー展(前の記事はコチラ)を見ました。

ほとんど点と線からなる彼女の作品は、色彩が素晴らしく、リズムやハーモニーが感じられて、とても楽しくなる展覧会です。
スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん~

都心とは、思えないような風景ですね。
画像を大きくしてみ見てみると岩場に咲くガクアジサイの景色に圧倒されました。
東京は、アークガーデンといいなんでもありですね。
うえを見上げると超高層ビルが・・・

お仕事で世界を飛びまわれるシンゲルさんがうらやましい~~

smoketreeさん

いつもありがとうございます。
ガクアジサイの植栽をみつけたときは、ほんとビックリしました。
都心でこの景色は貴重です(^^)

smoketreeさんが紹介してらしたミホミュージアムの緑にはとても及びませんけれど、
東京の大規模再開発も、こういう景色を伴ってくれると嬉しいです。

紫陽花はこの季節にぴ~~たりの花ですよね!
アリゾナでは紫陽花が一番育てにくい花だと
この前行って来たガーデンクラスで習ってきました
気候的に向かない花らしいです
でも我家にもあるんですよ~

Anneさん

ガーデンクラスに通ってらっしゃるのですか?
どんなクラスなのか興味津々。
アリゾナは乾燥地帯だから、アジサイは難しいのでしょうかね。
そこを敢えて栽培するAnneさんのガーデニングには、
「攻め」のスタイルが感じられて、ついつい見入ってしまいます(^^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/113-072a76f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。