スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ブームは無彩色コーディネート!? 

先月、手元に届いた種苗カタログの中で、私の目を釘づけにしたのは・・・

ニゲラ’アフリカンブライド’
ニゲラ(クロタネソウ)・パピローサ’アフリカンブライド’!
白い花びらに、限りなく黒に近い紫のシベがシックで個性的です。

その画像がなぜココにあるかというと・・・先週、行った園芸店で買っちゃいました(^^)
みつけちゃった以上、来年の5月まで待てなかったという惚れ込み方。

ニゲラ#2ニゲラ#3

丸い緑の蕾から、左の画像のような花が開き、咲き進むと右の画像のように、シベが形を変えて花びらも紫を帯びてきます。
いずれは和名のクロタネソウの由来になった、不思議な果実を結ぶはず。楽しみです!

勢いづいて同時にゲットしたのは、銅葉のコルジリネ(左)とイポメア

コルジリネイポメア

コルジリネはまだ小さい5号(直径15cm)ポット苗なので、バランスの悪い寄せ植えだけれど、狙いは「無彩色」コーディネートです(笑)

正確には無彩色というと白・黒・グレーをさしますが、植物には今のところ「黒」は存在しないので、限りなく黒に近い花色の実現(品種改良)が競われています。
チューリップ’クィーンオブナイト’とか、ビオラ’ブラックオパール’などなど。

だから、植物の無彩色コーディネートはありえませんが、『国際バラとガーデニングショウ』で吉谷桂子さんが挑んでらしたのを拝見して(その記事はコチラ)、ついついマネッコ(^^ゞ
私にとっては魅力的な植物ぞろえの園芸店に行けたのがラッキーでした。

ウィズガーデンウィズガーデン#2

ウィズガーデン』という庭の設計・施工を手がけている会社のショップです。
門や塀、敷石などのペイビングという造作に凝ったモデルガーデンは、さすがに魅力的でした。
スポンサーサイト

コメント

クロタネソウを初めて見ました。アネモネとはまた違うんですよね?この葉っぱがまた独特でいいですね~
無彩色ガーデンは暑い夏を涼しくしてくれそうです。
私も白を基調にした寄せ植えに挑戦しているですが、葉ものの選び方が難しいです。

makiさん

ニゲラ(クロタネソウ)もアネモネも、シベが目立つ花なので、「シベ系」と呼ぶ愛好家もいるようです。
切れ込みの深い「切れ葉」は涼やかで軽い印象が、私も大好き(^^)

白花を目立たせようとすると、確かに葉もの選びが難しいかもしれませんね。
でも、makiさんのベランダも、どんどんmakiさんチックになっているみたい。
緑のカーテンも期待してますぞ~♪

シンゲルさん~

いやぁ~、お宝ゲットですね。
どれも、渋い品揃えです。
でも、だんだんと人に受け入れられにくいものに偏っていきますよ。
私は、好きですけど。。。
「シベ系」とは、はじめて聞きました。
頭に入れておきます。
種採って来年一杯咲かせてくださいね。

smoketreeさん

ドキッ! やっぱり偏屈な好みは増長して他を駆逐しますか?
「シベ系」という呼び方は、どなたかのブログで拝見して、ナルホド~と思ったものです。

種採って来年一杯咲かせてくださいね。

バックヤードのない私には悩ましい問題でして(笑)、近いうちにそのことも記事に書きたいと思っていま~す。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/111-f1eeee6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。