スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも・・・『国際バラとガーデニングショウ』へ 

ミャンマービルマ)の軍事政権は、サイクロン被害に対する国際支援を受け入れず、中国でも地震災害にノウハウをもつ日本のレスキューや消防の支援を断り、被害の大きかったはずのチベット自治区へは報道陣さえ入れません。

胸が痛かったり、怒ったりしながらも・・・ともかく西武ドームの第10回『国際バラとガーデニングショウ』へ行ってきました。

国バラ08_05
英国のバラ育種家、デビッド・オースチンとピーター・ビールスをフィーチャーした今年のテーマは、「英国ガーデンへの回帰」です。10年前のイングリッシュガーデン・ブームが懐かしいのはわかるけれど、これってドーナンでしょう???

バラといえばイングリッシュガーデンではなくて、日本の気候や住宅事情にふさわしいバラの楽しみ方をもっと提案していただきたいな~、と思いました。
昨年はそうした流れが感じられたし、今年もコンテストガーデンには和モダンやナチュラルなものがいくつもあるのですが・・・

国バラ08_05#2国バラ08_05#3

こうなると、ワガママな園芸愛好家はバラを離れ、ごくごく私的興味のグラウンドカバーに夢中です(笑)
画像をクリックしていただけるとわかりますが、小さなスペースになんと多彩な植物が植えられていることでしょう!

グラウンドカバーとは、文字どおり地表を覆うこと。
庭やコンテナの土が見えないように、草丈の低い横に広がる植物で覆うと、景色がよりナチュラルに味わい深くなります。
私はグラウンドカバー植物が大好きです!

国バラ08_05#4
これは白いプラティア(エクボソウ)やオレンジのディアスキア?などの花々もとり入れたグラウンドカバーに、欧風の家の模型を配置した箱庭のディスプレー。

カメラを腰の位置まで下げ、小人気分で撮影しています。
今年は、グラウンドカバー・フェチには見ごたえある植栽が目立ちました!(^^)!

国バラ08_05#5先日、取材させていただいた吉谷桂子さん博光さん夫妻のガーデンは、横から見ると白花やブルーグレーの葉ものなど、無彩色から始まる”色の変化”が鮮やかです。

とくに、イエローのキンギョソウや小型のヒマワリ~黄斑のギボウシを、反対色ブルーのヤグルマギクなどでくっきり際立たせた配色がステキでした。

『妖精の住む庭』というタイトルですから、可愛らしい妖精をいくつもみつけられます。

このガーデンや先日の取材の様子などが、6月22日にテレビ東京『ソロモン流』で放送の予定。
取材風景の中に帽子を被った不審な動きの人物がいましたら、それがシンゲルです(笑)

国バラ08_05#6国バラ08_05#7

スポンサーサイト

コメント

あこがれのガーデンショー

シンゲルさん~

行ってこられましたね!
私は、一度も行けずに画像などでがまんしています。。。
流行のものに流されないぞ~って思っても心が揺れますね。
イングリッシュガーデン素敵です。
でも、どう考えても自分家では無理ですワァ。
グランドカバープランツなら、取り入れられますね!
私も大好きですよ。

『ソロモン流』、出演されているんですね!
こちらでも、見ることができたら”帽子を被った不審な動きの人物”ぜひ探します(笑)
今日は、最新の話題をありがとうございました~

smoketreeさん

こちらこそ、ありがとうございます。
偉そうなことを書きまして、お恥ずかしいです(__)

私もイングリッシュガーデンに憧れて園芸を始めたクチなのですが、いかんともしがたい住宅事情!
smoketreeさんのように「離れ」のお庭がない限り、やっぱり庭は家という背景が切り離せないので、モンモンといたします(笑)

私もsmoketreeさんご夫妻みたいに、壁を塗ってしまうようなパワーが欲しいです!

力をあわせて

中国政府が日本の人的支援を受け入れたという報道に、
ちょっぴりホッとしました。

人民解放軍も頑張っているのだろうけれど、
ともかく力をあわせて救助にあたって欲しいものです。

自然の力に対しては、それしか方法がありませんから・・・

写真楽しませていただきました~
私もバラは、カクテルしか育てていなくて、他に触手が伸びませんが、グランドカバーはとても気になります。
でも、きこれまた意外に難しいですよね~
「ソロモン流」見ますね!

makiさんへ

先日はありがとうございました。
画像はいつもながらボケてて、申し訳ありませーん。

makiさんの’カクテル’も、今が見ごろでしょうね。
確かにグラウンドカバーも、コンテナだと難しいところがありますね。
私もずいぶんいろいろ枯らしました^^;
多肉のマンネングサなどは、比較的うまくいくようですけれど…

『ソロモン流』では、できるだけフレームインしないように
気をつけたつもりですけど、ドジな私なのでお尻だけ映っていたりして(笑)

ものすごく、素敵なガーデンだと思いました!
バランスよく茂らされたフラワーは、目を見張るほどです♪

山崎莉央さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
今年も吉谷さんはステキなガーデンをプランニングのようですよ。
楽しみですね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/107-5fa63557

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。