スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸の内フラワーウィークス2008 

東京駅の駅前で開かれている『丸の内フラワーウィークス2008』に行って来ました。

06・07年の秋に行なわれてきた『丸の内仲通りガーデニングショー』に対して、こちらは切り花やハンギングバスケットが中心です。

丸の内ハンギング#1
つる編みのバスケットに、バコパステラ)などの白花がロマンチック!

これは丸の内オアゾで、日本ハンギングバスケット協会が展示している作品のひとつ。全国の24支部から寄せられた作品は素晴らしく、ハンギング作りのワークショップも行なわれていました。

なかには、シッサス’シュガーバイン’のリング仕立てをあしらった「つないだ手と手 拉致被害者家族の願いをこめて」という作品もあって、目が釘づけになりました。
残念なことに画像がボケボケでアップを断念しましたけれど、園芸の作品で自然以外のメッセージを受け取ったのは初めてだと思います。

丸の内ハンギング#2
早くもペチュニアを使ったハンギングが多い中で、唯一ビオラを使っていたのは、北海道支部の「北国の遅い春」という作品。
これもボケてて申し訳ないけれど、南北に細長い日本の各地から、その気候に即したハンギングを一同に集めて見られるというのは、なんとも贅沢な気がします。

丸の内ハンギング#3大好きなナスタチウム(キンレンカ)を中心にしたイエローのハンギングからは、元気をもらいました(^^)

今回は丸ビル外にいくつかショップも出ていて、ネットの園芸ファンには知られたengei.netが路面に初登場。丸の内OLさんの人気を集めていました。

私は、愛媛県の松山から「トラックに積めるだけ積んで来た」という村上園芸で500円均一!のエビネをゲット。

こんなに安くていいんでしょうか~
と思いながらも必死で(笑)株を選んでいた私の顔には、きっと「欲」という字が浮かび上がっていたことでしょう。

スポンサーサイト

コメント

素敵ですねぇ~!バスケットのお花ですと、庭に植えることのできない方たちもそのままお部屋の中に置いてながめることができますね。花がふわぁ~と広がって華やかですね~。シンゲルお姉さんは500円で得された気分なのですね。(笑)ささやかなハッピーが嬉しいですよね。以前お付き合いいただいたキルトフェスの私のときのような感じで、お花たちに目を奪われながら楽しまれたことだと思います。我が家の家周りの雑草たちが思いのほか伸びるのが早く、大草原の小さな家になるのも時間の問題となりました。(苦笑)とほほ。

シンゲルさん~

とても、穏やかな気持ちのよい休日を過ごされたのですね。
すてきなハンギングのいろいろやショップめぐり、~私なら帰りたくなくなりますね。
どの作品もナチュラルで素敵すぎますね。

えびねは、山野草だけど丈夫でよく増えますよ。
シンゲルさんのベランダでもかわいい花を咲かせてくれますよ!
きっと、おおぜいの方がえびねを奪いあったのかしら?

先日は、マムシグサの情報ありがとうございました。
大都会に自然を~素敵なことですね。

まるたさん

コメントありがとうございます。
私の園芸熱も、じつはイギリスで初めて見たハンギングバスケットがきっかけでした。
でも、実際に作ってみると難しいもので、最近は「見る」専門(^^ゞ
○○均一に弱い私たちネ(笑)

さて、お宅の大草原は、お姉ちゃんがGWに成敗してあげましょうゾ!


smoketreeさん

腰の重い私ですが、やはり花を前にすると夢中で見てしまいます(^^)

エビネは日陰に強いと聞いていたので、前から欲しかった植物でした。
でも、山野草や東洋ランは、わが家のベランダでは厳しいかと思っていたのです。

でも、杉井明美さんが日本の植物の育てやすさや親しみやすさを紹介されていて…ついにゲット(笑)
東京の夏を乗り越えてくれることを願います。

見事なハンギングバスケットですね~
ここまでは無理でも、簡単なものに挑戦してみたいです。

ところで、うちのガーデニングは、チューリップもアネモネも咲いたのですが、一番きれなときは過ぎてしまいました。でも、チューリップは1つの鉢に8つも球根を植えてしまったせいか、4つしかちゃんと咲きませんでした。まだまだ修行が足りません。

makiさん

お久しぶりです(^^)
確かにハンギングがあると、ベランダガーデンもぐっと立体的になりますよ~

ただ、乾きやすいので、水やりに気をつけてくださいまし。
チューリップも水切れにすごく弱いので、私は丈夫な原種系しか咲かせられません^^;
コンテナで1/2の確率は、私よりよっぽどグリーンフィンガー!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/103-4427b957

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。