スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルって楽しい@村上隆の五百羅漢図展 

大相撲の2016年初場所にふさわしく、琴奨菊の初優勝おめでとう!
だけど、日本の国技といわれながら、日本出身力士の優勝が10年ぶりというのに驚いてしまった。マスコミも協会も大はしゃぎしているのを、3人のモンゴル出身横綱をはじめとして、この10年毎場所を盛り上げてきた外国出身力士たちは、どんな思いで見ているのかなと、気になる。
不祥事続きで人気が陰りを帯びた大相撲を引っ張ってきてくれた白鵬さんたち、気ィわるくしないでね~

DOB君などのキャラクターで世界的に知られるアーティスト、村上隆さんの展覧会『村上隆の五百羅漢図展』を見てきました。

村上隆の五百羅漢
生の作品を見るのは初めて。鮮やかな色彩に圧倒されます。
色のシャワーを浴びているみたい!
驚くことに、写真を自由に撮れます! 心の中でキャーキャー言いながら鑑賞(笑

村上隆の五百羅漢#2 村上隆の五百羅漢♯3
自画像の黒バックの中にもいっぱいドクロがいます。カラフルなドクロの配色も楽しい。
園芸愛好家は植物のモチーフも見逃せません。

村上隆の五百羅漢#5 村上隆の五百羅漢♯4
ちょうど季節の花、ウメもボタンもこんな感じ~

村上隆の五百羅漢#6
五百羅漢とは釈迦の教えを広めた500人の弟子で、村上さんらしいユーモアあふれるキャラの立ち方で全長100mにおよぶ大作に描かれています。

東日本大震災直後に支援をしてくれた中東のカタールに、感謝を込めて制作された作品。ドーハなどでの展示を経て、震災から5年が経とうという今、パワーをもらいました。

羅漢さんの眉毛や爪などの色彩に、心がほころびます。
村上隆の五百羅漢#9 村上隆の五百羅漢#8

私のお気に入り羅漢さんたち!
村上隆の五百羅漢#7 村上隆の五百羅漢#10
カラフルって楽しいですね。

スポンサーサイト

咳と球根、のちに降雪 

年末に風邪をひいて、大掃除をしたら熱がぶり返し、元日から声が出なくなって、咳に苦しみました。夜、寝ていられないほど咳き込み、朝起きると腹筋が痛い~(泣

室内を過湿して、咳に効くというツボを押したりお灸したり、ビタミンCやハチミツを摂取して、さまざま咳止め薬を試しても・・・効かない・・・

201601咳止め
それで思い出したのが、15年以上も前、ヒグチ薬局で勧められた咳止め薬「ノビックせきどめ」。当時もひどい咳に苦しんだのを、これと肌荒れなどに効く「ビノロン」というビタミンB系でラクになったものです。

高円寺からも中野通りからもすでになくなったヒグチ薬局を目指して、地下鉄1駅先の新中野から歩く鍋屋横丁まで夫が行ってくれました! お陰さまで、その晩から眠れました~~

咳薬は自分に合うものがあると安心ですよね。
追記:ちなみに、咳止め薬は副作用の便秘に苦しむことがあります。そんなときはヤクルトを2本くらいまとめて飲むと効果があるような。咳止め服用中はヤクルトを欠かさないシンゲルであります!

そんなこんなの年明けに、ブロ友のスモさんから嬉しいプレゼントいただきました♪

201601球根
とっても立派なマツボックリとヒマラヤスギのシダーローズ(詳しくは →コチラ)、そしてユリ’ブラックチャーム’の球根です。長い間、ブログのおつき合いを通して、私の好みをよく知っててくれるスモさんならではの詰め合わせ。

ユリは球根の上からも根が出るので、深く植える必要があります。なので、ベランダでのコンテナ栽培では難しいかな(球根もお高いしね)と挑戦してこなかったのを、小さな花壇をゲットした私にスモさんからのご祝儀でしょうか。ありがたいことです。

201601雪♯2
ところが、植えつけた晩に東京にしてはまとまった雪が降りました~(汗 
ユリは寒さに強いとはいえ植えた当日だし、耐寒温度5℃のコルジリネも大丈夫か?

結果がわかるのは、だいぶ先のことになりますが、こんなアパートの入口に立派なクロユリが咲いたら、道行く人は驚くのではないかな~

201601雪

マイ・フロントガーデン 

すっかりご無沙汰してしまいました。
いろいろ反省ばかり多い当ブログですが、10年続けることを目標にしてきましたので、せめてもう1年がんばってまいりたいと思います。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はなかなかに厳しい年でしたが、思いがけない幸運にも恵まれました。

花壇2015_11
貧乏ライターが住まう賃貸アパート入口に畳1枚ほどの植え升(花壇)がありまして、よくあるサツキが植えられていました。日当たりが悪いためか、花もほとんど咲かずに枯れるのを待つばかり。そこに夏草が生い茂って、まるでお化け屋敷の入口みたいになっていました。

花壇2015_11#2
10月の日曜日、草の勢いも少し衰えたので、夫に手伝ってもらって「エイヤッ!」とばかりに草を抜き、はずみで枯れたサツキもだいぶ抜いてしまいました。
さっぱりはしたものの、このままではまた雑草が生えるか、猫のトイレになってしまいます。

恐る恐る管理会社に事の次第を報告して、「なんでしたら私に何か植えさせてください」とお願いしたところ、「大きな木を植えなければ、好きに使ってください」と、大家さんから思いがけない了解をいただきました!! もう飛び上がらんばかりの喜びです!

花壇2015_11#3 花壇2015_11#4
鉢植えでは花が咲かなかったアカンサス・モリス(左)や、大きくなるとわかっているニューサイラン(右・端)などなど、地植えで育ててみたい植物はいろいろあります。

花壇2015_11#6 ←さっそく配置図やプランツリストを作ってみました。

*右の大きな×印は電柱、左の小さな×印は雨どい

我ながら、長年ふくれあがった“欲望の塊”と化しています(汗

「予算は大奮発して7000円」と宣言して、友人のAちゃんの車でオザキフラワーパークへGO!

葉もの中心のラインナップだったので、初めに花壇の背景にするつもりのハランを探したら、欲しかった斑入り品種の大株を発見。

ところが、なんと5000円・・・撃沈。
Aちゃんが「ウヒッヒ~」と笑いました。どこの日陰にも植えてあるハランをバカにしてはいけません。
茫然とした頭で予算を組み直し、上写真の斑入りアカンサス・モリス‘タスマニアンエンジェル’2500円、ピンクのニューサイラン‘ピンクストライプ’1500円をはじめ、馬ふん堆肥20リットルなどをお買い上げ。

仕事の早いAちゃんに助けられ、その日のうちに堆肥をすきこんで植えつけ完了!

花壇2015_11#7
ベランダでツンツン痛かった銅葉のコルジリネは、これ以上大きくできないので鉢のまま埋め込み。鉢で10年以上もっていたローズマリーや、花数の減ってきたクレマチス‘エトワールバオレット’なども移植しました。少しでも持ち込んだ株を入れると、いくらか見栄えがします。

RIMG1918sc.jpg 花壇2015_11#9
カンパニュラ・メディウムは左から白花・紫・薄紫の品種ですが、2カ月経つと品種によってこんなに株の生長が違います。ビックリポンですね。

花壇2016_01
花壇2015_11#10 朝2時間ほどしか日が当たらないのに、ビオラはすっかり株が大きくなって、アネモネ‘ポルト’の球根も発芽しました。

暖冬だからでしょうか、斑入りシャガには子株まで出ています。

今年は、この小さな花壇のことも報告させていただくのが楽しみです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。