スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤選手に励まされて、小さなことをコツコツと 

今夜は女子サッカーのアジアカップ決勝が楽しみです。ワールドカップ出場はもう決まったとはいえ、日本女子はまだ獲得したことのないアジアカップですから!

先週の対中国戦では、3年前のワールドカップを思い出させるような澤選手のヘディングシュートが見られて、また期待感が高まります。

自分がハンドをとられたことで中国に追いつかれてしまった中島選手の凍りついたような表情や、途中出場になった木龍選手の激しく消耗したようすも印象的でした。

日頃、厳しいトレーニングを積んで日本代表の座をつかんだ彼女たちが、「カップを目指して」試合に集中するタフネスと研ぎ澄ました神経と・・・

それを目撃できるこちらの胸も高鳴ります! 

ニゲラ2014
もともと体が硬く、手首が腱鞘炎になったこともあって、お風呂上がりにはストレッチや整体を続けています。夜遅くなったり、あまりに疲れていると、パスしたくなることたびたびです。

1日中、机に向かっているので足の筋肉がまるでなく、取材に行くと足がよくつるので、スクワットもやっています。食器を洗った後にハンドクリームを塗る間だけ(笑

ときどき、こんな程度のことを続けていて効果があるのかと疑っていました。人生を無駄遣いしている気分です。

でも、偶然目にしたドキュメンタリー番組で、男子サッカーの日本代表・遠藤選手がチームメンバーの雑談しているわきでストレッチを続け、ほかの選手が引き上げていくグラウンドを黙々と走っている姿が、私の迷いを一蹴しました(おおげさです)!

さまざまな表現で「魂は細部に宿る」とよくいわれますが、一流スポーツ選手の体もこうした小さな積み重ねによって磨き上げられているのではないでしょうか。

小さなことをコツコツと続けられる精神力がないと、到達できない高みがありますよね♪
ときどきサボりながらも諦めずに続けていく。そういうくらいの人になりたい!ものです。

オルレア2014 上の画像はニゲラ’アフリカンブライド’、左はオルレア

夏のような日の夕暮に白花が浮かび上がってきれいです。

さあ、これからハンバーグを作って、食後のTV観戦を楽しみましょう!
スポンサーサイト

山の庭にはキノコが似合う 

ブログ仲間スモークツリーさんのご主人はDIYの達人。
山の斜面を開拓した庭に”お泊り”できるガーデンシッド(小屋)にトイレ、湧水を引いた水場やシカの侵入を防ぐ塀やゲートなどを手作りされています。

庭を開いて8年になる今年は、塀のリニューアルという大仕事を終えて、ユーモラスなオーナメントを制作されました。

スモークツリーさん山庭2014 山の庭から山林へと続く、いわば人工と自然の緩衝地帯に生えたようなキノコのオーナメントです。詳しくはスモークツリーさんのブログへ →コチラ

オランダで見たよく似たシーンを思い出しました。
オランダ2012 ドイツ国境に近いAngerloにある『Bingerden(ビンジャーデン)』という館の庭。
広大な庭は小高い丘につながっていて、その中腹にこちらのキノコは生えていました。小さな石碑がいくつか見えるのは、主が可愛がったペットたちの墓標でしょうか。
小さなベンチとキノコのオーナメントに、館の主の愛情を感じたものです。

オランダ2012#3
上の画像の右に見える見事な銅葉のヨーロッパブナ。その奥に小さな丘はありました。
館とブナの間に見え隠れする巨大なトピアリーが、この庭の主役です。
庭の入口には、こんなのぞき穴もありました。

オランダ2012#2
スモークツリーさんの庭のキノコも、「Bingerden」のキノコやのぞき穴も大好き!
美しく花を咲かせるばかりでなく、庭という空間を存分に楽しんでいる”庭主さんの遊び心”が感じられると、こちらまでウキウキしてきます。

各地でオープンガーデンが始まり、バラのシーズンも真っ盛り! 今年もあちらこちらのウキウキを拾い集めてまいりましょう♪

『国際バラとガーデニングショウ2014』は賑わってま~す 

毎年恒例の『国際バラとガーデニングショウ』は、週末の2日間で昨年の全入場者数を上回ったというほどの人気です。

国バラ2014
月曜の午前中でもローズアベニューは通れず、吉谷桂子さんの『グレース・ケリーの庭』には近づけませんでした。午後にはグッと人出が減るので、遅めの時間帯がおすすめです。

国バラ2014#2 にじり寄った『グレース・ケリーの庭』も全貌は見られませんで、やたらアップです(トホ
*この頃アップする初めの画像スケールが調整できなくて、お見苦しくすみません。

メインガーデンの『プロヴァンスの庭』は、バラバラした展示の中でラベンダーレモンなどがさわやかな印象。
国バラ20144 NHK連ドラで注目される『赤毛のアンの庭』もございます。

国バラ2014#3 品種で気になったのは、獅子咲きというか絞りの2品種。
国バラ2014#5国バラ2014#6
左がニュー・イマジンで、右がエドガー・ドガ。どちらも人気を集めていました。

例年はバラの品種よりコンテストガーデンに注目なのですが、今年は混雑していたせいか、お気に入りをみつけるのが難しかった~(汗

そんななかで小型耕運機をアピールしたHONDAの庭は、原種系のバラにミニトマトエリゲロンなどのグラウンドカバーを組み合わせた農場風が楽しい!
国バラ2014#9
かつて大賞も受賞している木ごころさんは、紅紫の葉や花のコレクションが素晴らしい。奥にバラ、上からモミジ、左がユリ、右がカラーなど。中央のシロヤシオの芽吹きも紅紫を帯びて、うっとり~
国バラ2014#8
そして、毎年楽しみなのがあかざさんの和風庭。異彩を放ちますが、このしっとりした雰囲気の中でこそバラがもっとも生き生き見えるのは私だけでしょうか。
国バラ2014#10
もう少しだけバラの景色を・・・

国バラ2014#12
国バラ2014#11 国バラ2014#7
長々ご覧いただいて、ありがとうございました。

ゴールデンウィークの憂鬱 

ご近所ではモッコウバラが輝くばかりに咲いていて、わがベランダのバラ’グリーンアイス’も蕾がほころぶ直前です。常緑樹でさえみずみずしい新葉を繰り出して輝きます。

1年でもっとも美しい季節だな~と思います。

モミジ2014
ちょっと出かけて新緑にまみれたい!とか、ベランダで1日中植えかえをしたい!とか、毎年思いながら実際は、暖房器具をしまったり衣替えをするくらいで終わってしまいます。

そして、がっかり残念な思いだけ残るのがゴールデンウィークという奴です。

今年は明日、「園芸ガイド」の撮影が入ったので、いっそのこと諦めがついてありがたいくらい。最終日は夫が仕事なので、ひとりで実家へ行って里山景色くらい見られるかもしれません。
みなさんは、いかがお過ごしでしょう?

ピクシー2014
ブログ先輩のとよこさんからいただいたクレマチス’ピクシー’の小さな花が咲きました!

常緑の切れ葉の陰に、径3㎜くらいの丸い蕾がぶら下がった姿も愛らしかったけど、黄緑色の小さな花はしべのつくりが際立って、工芸品のような美しさ。好きですね~

今年は3輪だけ。「ゆっくりゆっくり育てる花」だと、クレマチスの本に書いてありました。
オッと、明日は早いからもう寝なくては・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。