スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピート・オウドルフのマスト・ハブ 

昨年、園芸G誌の取材でオランダを代表するガーデナー、ピート・オウドルフさんの庭を訪ねました。彼はニューヨークで廃線になった高架貨物線を、空中庭園『ハイライン』としてよみがえらせたプロジェクトで世界的に知られます。

ピート・オウドルフ (アトリエでのオウドルフさん *この撮影のみ:ユイ・キヨミさん)

35年ほど前にレストラン業から転身してナーセリーを営み、サルビアの育種などで成功を重ねましたが、近年はグラス類を大胆に用いた植栽で注目されています。

ピート・オウドルフ#7 (アトリエ前の庭。紫の穂をなびかせる草丈高いカマラグロスティスがアクセントに)

庭は彼の実験場になっていて、メンテナンスの必要度によって大きく3つに分かれています。上の画像はもっとも手間のかからない庭。素朴で丈夫な花がグラス越しに見え隠れする、人工の”野原”です。

「管理の手間をかけられないパブリックスペースのデザインほど難しい」と語っていた彼にとって、メンテナンスフリーの庭は重要な課題なのでしょう。

ピート・オウドルフ#11 (自宅前の庭。整った葉群の中にバラエティーに富む多年草が咲く)

大きな屋根が特徴のオランダの古い農家に、今も夫人と暮らしています。その窓から見える庭は、「週に2回もメンテナンスが必要なんだ」そう(笑

「多年草を使えば、植えたままで手間がかからないと思っている人が多いけれど、美しい状態を維持しようと思ったら、どうしても手間はかかる。庭を作るには花だけを見るのではなく、植物同士の相性や手間のかかり具合まで含めて、植物をよく知ることが大切」。

ピート・オウドルフ#2 ピート・オウドルフ#3
そう語ったオウドルフさんが、イギリスの園芸誌『Gardens Illustrated(ガーデンズ・イラストレイテッド』2月号で、「ピート・オウドルフのマスト・ハブな植物100」という特集で取り上げられていました。

3カ月も楽しめないけど、すき間を埋めるのにお薦めな植物は中国原産のアヤメタイワンホトトギス花後の姿やフォリッジ(葉群)も含めれば3カ月は楽しめる植物として、シオン’神代’やアルテミシア(ヨモギ)・ラクティフローラ。同じように少なくとも9カ月は楽しめる植物に、ムラサキセンダイハギやカラミンサ(ネペタ)などなど。

ピート・オウドルフ#4 もちろん「楽しめる期間」はオランダやイギリスの気候でということだけど、日本の品種やアジア原産の植物がいくつも含まれていて興味深い。

四季のある日本では「長く楽しめる植物」という視点は持ちにくいけど、手間がかからない点も含めて、これからの植物選びには覚えておきたいポイントだと思う。

ピート・オウドルフ#7 それと、彼の庭を見てつくづく思ったのは、フォリッジ(葉群)の美しさだ。じつは案外と小花好きのようで、庭で目立つ花はほとんどない。線形の葉群がなびく隣りには異なる形の大きな葉群があり、緑ばかりあってもメリハリがあると思いませんか?

しかも、1つの植物が大株であり数株集めることで、その植物の本来の魅力や存在感が増すな~と、このところずっと感じていたことを確信しました。日本の住宅事情では難しいかもしれないけど、植える植物の種類を減らしても、より魅力的な庭になるのではないかな~

ピート・オウドルフ#6 (左がギボウシ、右がギレニア。特集でギレニアという植物名がやっとわかって嬉しい!)

『ガーデン・イラストレイテッド』の特集はもっと早くご紹介したかったけど、なかなかちゃんと目が通せなくて遅くなりました。まだバックナンバーが買えるとは思いますが・・・
最後に、オウドルフさんの庭スナップをもう少しだけ。

ピート・オウドルフ#10
ピート・オウドルフ#9ピート・オウドルフ#5


スポンサーサイト

チューリップの魅力再発見!@アークガーデン 

木陰に小さな小さなスミレが咲いています。

アークガーデン2013
見事に開いたヤグルマソウの大きな葉の向こうには、葉色に似た花穂も立ち上がって・・・
アークガーデン2013#3
しっとりした風情で山野草を眺める。ここはどこかというと・・・

アークガーデン2013#4 地下鉄の六本木1丁目駅から徒歩3分。アークヒルズにあるアークガーデンです。

日本由来の山野草などが見られる「フォーシーズンズガーデン」や「メインガーデン」は、ふだん一般公開されていますが、未公開の「ルーフガーデン」と「ローズガーデン」が19日と20日に公開されました。

左の写真はアーク森ビルと赤坂方面をバックにした「ルーフガーデン」です。

ここはサントリーホールの屋上にあたるので、ふだんは騒音を配慮してバードサンクチュアリになっています。
わが家のあたりでは散ってしまったチューリップが満開でした。
先日書いた赤や黄色だけでない魅力的なチューリップチューリップチューリップ
植栽したのは園芸家の杉井明美さんです。

フォーシーズンズガーデン#7 ピンク~サーモンピンク~オレンジというキンギョソウの花穂、アグロステンマの茎のライン越しに見えるチューリップは、とても自然な雰囲気になります。

フォーシーズンズガーデン#9 オレンジ色を帯びたチューリップに同系色のカレンジュラ(キンセンカ)、黄色の苞をつけたユーフォルビアや銅葉の組み合わせは新鮮!

アークガーデン2013#5 これはなんという品種でしょう!? 一目でノックアウトされました(笑
右側にフリチラリアの仲間バイモの花茎が伸びているけれど、これが咲くのは誰も見ないのでしょうか! もったいない~と思いました。

フォーシーズンズガーデン#8 鳥のオウムを思わせるパーロット咲きは苦手ですけど、この開き加減はエレガント。

フォーシーズンズガーデン#9 花弁がほんのり染まるピコティ咲きやギザギザのフリンジ咲き、ユリ咲きなどのピンクばかりを集めて、とろけるようにロマンティックなコンテナがセンターを飾っていました。

フォーシーズンズガーデン#11アークガーデン2013#12
大人っぽい赤紫中心のコンテナは、紫と白のビオラが縁取り。グリーンの入るビリディフロラ系のユリ咲きには、バイカラーのマーガレットや濃色のカレンジュラが添えられています。

チューリップという個性のはっきりした花には、キンギョソウカレンジュラやビオラなど、ごく見慣れた花を脇役にするのがよいみたい。もちろん、それだけでなく・・・

アークガーデン2013#13 今回、注目したのは小型のラナンキュラス。この画像では、ピカピカに光った黄色の一重も、奥にうずくまった毛糸玉みたいなのもラナンキュラス! 咲き進んだ姿。
チューリップの最初の画像左にあるピンクのミニバラのようなのも、ラナンキュラスではないかと思う。

これまで「万重」などと呼ばれる厚ぼったい八重咲きが人気を呼んでいたラナンキュラスだけど、一重や花弁が巻かないヒラヒラした八重咲きはすっきりしてていいな~ 上の毛糸玉みたいな花後の姿も面白いでしょう。

フォーシーズンズガーデン#10 赤と白のパーロット咲きには、赤いヒューケラの花穂に、白のワスレナグサとリクニス’ホワイトロビン’で紅白のコーディネート。

今回はワスレナグサが水色、ピンクと白の3色が使われていて、いずれも効果的な「いい仕事」してました。

ワスレナグサは水色と思い込んでいるけれど、主役の花色によって3色を使い分けると、同じ花を使う「統一感」とともに花色の違いという「変化」が演出できる。

ずいぶん以前に杉井さんからうかがった「デザインはなんでも統一と変化が大事」という言葉を、目の前に確かめた気がしました。


欲望の暴走が止まらない園芸愛好家の春 

春になると、園芸店と洋服店に行きたくてたまりませ~ん(笑
今春ゲットしたのは・・・

オンファロデス&アジュガ
紙細工みたいにパッチリ開いた小花がかわいいオンファロデス・リニフォリアと、手前はアジュガ’チョコレートチップ’。

ほんとうはブルーの模様が入るオンファロデス・カッパドキア’スターリーアイズ’が欲しかったけどお高いし、オンファロデスはまだ流通が少ないので、白花のリニフォリアをみつけただけで大満足! 少しシルバーめいたブルーグレーの葉もきれいです。

アジュガ’チョコレートチップ’は銅葉の美しい品種という認識だったけど、こんなに花立ちがよいとは驚きで買ってしまいました(汗

風鈴オダマキ ティアレア
そして、左がフウリンオダマキ2色咲き、右がティアレラ’シュガー&スパイス’。

フウリンオダマキは、一般的なオダマキにあるキョという角(つの)のような出っ張りがなくて、花径から直接吊り下がる姿がかわいい。葉っぱも一般種より切れ込みが多くて、繊細な雰囲気があります(画像をクリックすると大きく見られます)。

ティアレラヒューケラなどの仲間ですが、これもヒューケラより切れ込みの深い葉が好みで、線香花火のような花もお気に入りです。今回は’ハッピートレイル’という品種もゲット!

今春はどうも欲望のタガが外れているようで、どういう寄せ植えを作るとか何も考えずに、好きな草花を買ってしまってるけれど、こうしてアップしてみると「好き」の基準が見えてくる。

①葉っぱのきれいなもの。できれば緑色以外で、切れ葉系
②花は小花のセツナ系? 堂々としたものは苦手なんだな~

セダム な~んて言いながら、こんなモコモコのセダムたちもお買い上げ。奥のブルーグレーがブレビフォリウムで、手前が’ゴールデンカーペット’。これらはローズマリーの下草用に。

まあ、久しぶりにずいぶんと買ってしまったうえに、これに止まらず・・・

オーナメント 前記事に書いたマツボックリ形のガーデンオーナメントです。

「どこに置くつもりだ?」「私も欲しい」などのコメントにお答えして、アップしてみました。

ただ今、玄関の靴箱上を飾っております(笑
このように後先考えず、園芸愛好家の欲望は暴走が止まりません。

春満開! 都会のフロントガーデン 

この週末は衣替えと2週間ぶりのブログアップを予定していましたが、金曜の夜にお仕事の資料が届いて・・・。 日曜日に覗いてくださったみなさん、ごめんなさい。

とりあえずダウンコートなぞをクリーニング店に持ち込んだ道すがら、あちこちで春満開!の携帯スナップを撮ってきました。

公園花壇2013_04
「杉並区花咲かせ隊」のお手伝いをしている公園花壇で、チューリップが満開でした。お母さんと一緒の女の子がジッと覗き込んでる様子が微笑ましくて、嬉しかった。
やっぱり赤や黄色のチューリップはお子さまに大人気。公園には欠かせない春の花です。

杉並区の公園花壇では、各公園担当のボランティアが区から渡される植物リストから草花の種類と花色を選び、配布される苗を植えつけます。この植物リストは一年草がほとんどで、花壇は1年に2~3回全面的に植え替えするというシステム。

宿根草や花木などを用いて、もっとナチュラルな景色を作っては・・・とも思うけれど、一年草中心の花壇はシーズンごとに片づくし、ボランティアの技量に頼らなくても管理できるという点で、公共の場所を維持するためにはいたし方ないのでしょうか。

高円寺のフロントガーデン#2
公園のすぐ近くでは、こぼれダネで殖えたらしいカレンジュラ’冬知らず’がアパートの前庭を埋めつくしていました。少しだけ混じったムラサキハナナと「いい感じ」です。

私のように庭のない園芸愛好家は、道から眺められる都会のフロントガーデンに楽しませてもらい、時に慰められます。家と道路の間のわずかなスペースにも咲く花々と、咲かせる住人の気持ちの両方に!

高円寺のフロントガーデン しかし、これは凄いです。ベランダに2段、吊り鉢の下に少なくとも5段はあります。立体的な花飾りも極まれり!

この日は大荒れの天気予報だったので、大丈夫かな~と少し心配になりましたけど、こうなる気持ちはよくわかるような・・・(汗

かく言う私の元には本日、西洋の庭によくあるマツボックリ形(本来はアーティチョークらしい)のガーデンオーナメントが届きました。

「将来の我が庭のゲートを飾る」と夫に言いましたら、無視されましたけど(笑
マツボックリ形オーナメントの記事は →コチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。