スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベゴニア’フォーチュン’的発想の転換 

暑さ厳しい間、ベランダは水やりと花がら摘みが精一杯。
水やりのタイミングもちょっと遅れたら、暑さが苦手な植物から枯れていく。
今夏もギボウシの葉が丸坊主になったけど、諦めずに水やりしてると、小さな芽が出た♪
2度も発芽させて申し訳ないけれど、人間も結構いっぱいいっぱいなんで許してね~

先週、種苗会社のアプローチでは、ヒマワリに替わって球根ベゴニア’フォーチュン’が植えつけられていた。

ベゴニア フォーチュン#2
球根ベゴニアは日本の暑さを乗り越えるのが難しくて、これまで春~初夏の鉢物として出回っていた。けれど、日長を調整すれば秋にもよく咲くそう。
’フォーチュン’は短日開花性(日照時間が短くなると咲く性質)のすぐれた品種で、秋に販売。初冬まで長く楽しめて、夏越しほど難しくない冬越しができれば、春の花も楽しめる。

日脚の短い季節に明るい花が長く楽しめるとあって、とても人気が出ているらしい。暑さに強い品種改良は難しくても短日開花性に着目して、販売時期を見直すことで、従来種とは異なる商品価値を生み出した。発想の転換って素晴らしい!

このところ、生活保護費の受給率が3年連続最多になり、日本国債の格付けが下がり、高齢者人口は3000万人を超えたとか・・・重苦しい数字ばかりが聞こえ、この国はどうなっちゃうんだろ~と暗くなりがち。

だけど、どんなときも自由な発想が大事!ピンチのときこそ発想の転換ができれば、何かしらの糸口が見えるのではないかな~ このところ煮詰まり気味の自分に思います。
だからって、東日本大震災の復興予算を、シー・シェパード対策でつかうのは、発想に飛躍がありすぎだよね(マジ!
スポンサーサイト

『Future Beauty 日本ファッションの未来性』展へ 

ある日、高円寺の古着屋で隣りにいた女子が、「お洋服ってどうしてこんなにシビレルのでしょう。あ~、もっとお金があったらいいのに~」と、友人に訴えるのを聞いて笑いました。
・・・おばさんも、いつもそう思うよ・・・

それで、東京都現代美術館『Future Beauty 日本ファッションの未来性』へGO! 
サブタイトルは~日本ファッションの30年~

”蝶”の意匠を掲げてパリへ渡った森英恵や、エキゾチック高田賢三にプリーツ三宅一生。
1980年代に”黒”と”ボロ”でパリに衝撃を与えた川久保玲と山本耀司から、アニメや”カワイイ”と融合する2000年代まで。
西洋の立体的なフォルムに対しての平面性や、伝統的な職人技とコラボした素材など、日本ファッションの独自性を展望する企画展。

ビンガーデン#6
(Bingerden in The Netherland)

文化服装学園で学んだ友人Cは、「服は”着てナンボ”だから、美術品とは違う」と至ってクールだけど、「高くて着れない」私にしたら、実物を間近に見られる機会自体が貴重。
やっぱりコム デ ギャルソンとヨージ・ヤマモトの作品は美しい~! 80年代のショーをいま見ても、まるで古さを感じさせないのが凄いって、あっちこっちで鼻の穴ふくらませて大興奮でした(笑
マメやアシードンクラウドがよいな~って、2000年代もしっかり( ..)φメモメモ

会期は10月8日まで。
それにしても、東京都現代美術館って最寄の地下鉄駅との間にカフェがないので困る。

ビンガーデン#5
(Bingerden in The Netherland)

ところで、私が利用しているFC2ブログは今年、サーバーの移設を段階的に行い、それに伴ってテンプレートの文字コードも変わったそう。そしたらテンプレートのHTMLにcharset="euc-jp"というのが自動挿入されて、いろんな不具合が起きている。

私のブログでも、コメント欄のツリー表示が崩れてしまったので、いろいろググッて上記のことがやっとわかった。もちろんFC2運営サイドにも問い合わせたけど、「共有テンプレートについては制作者にお問い合わせを」という愛?のないお答え。

今日、自分でテンプレートHTMLにあったcharset="euc-jp"を削除したら、ツリー表示が戻った!! FC2ブログ利用者で不調に苦しんでる方は、こちらのサイトをチェキラ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。