スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚かましい奴 

この頃、家の近所で、丸裸になったかわいそうなバラや花木をよく見かけます。
我がベランダもアジュガが壊滅状態で、ゲラニウムも被害甚大(泣
今年はヨトウムシやケムシ類がすこぶる元気かも~

グリーンアイス2012_05
画像はブロ友のsmoketreeさんからいただいたバラ’グリーンアイス’。
濃い葉色のグリーンをまとったように咲き出し、しなやかな枝で枝垂れます。
今までバラはミニしか育てたことがなかったので、5月からずっと楽しめました。

3年前のバラシーズンにsmoketreeさんのベランダで見初め、「ステキ! ステキ!」って何度も言ったので、今年は我がベランダで咲いています(笑

ペチュニア2012_06
こちらも取材でお世話になっているキヨミさんからいただいたペチュニア’リップグリーン’と’リップブルー’、’春美人 さゆり’。シロタエギクだけくわえた寄せ植えです。

’リップ’シリーズは花径が小さくて、草姿もコンパクト。これまでペチュニアよりカリブラコア派だった私も、とてもお気に入りです。蛍光系のグリーンの縁どりが美しい。

そうか、私はグリーン系の花が好きなんだな!って気づく前に、自分の厚かましさに×××
このペチュニアは、キヨミさんがブログで紹介していたのを、やはり「ステキ!」って言ったよ~な~(恥 

ネームプレート キヨミさん手作りの素焼きのネームプレートは、おねだりしたわけではありません(笑

シンプルなのに遊び心が感じられて、いいですよね~ ずっと使えずにいたけど、やっと使えました。


このシーズンは園芸G誌の編集者Mさんからも、タネから育てたオルレアと珍しいリナムの苗をいただいて、どちらもそよぐ系の繊細な花を楽しみました。ところが、これらがちっともうまく撮れない!

飛行機の中でカメラの取説を読みながら、本日よりオランダへ行ってきます~(汗

スポンサーサイト

毛呂山町のバラに会いに 

すっかりアップが遅くなってしまったけれど、先月末には昨年も訪れた埼玉県毛呂山町の庭とバラ園に行きました。1年経つと、やはり庭の表情は変わります。
昨年の様子は→コチラコチラ

最初に訪ねたのは、車で30分通いながら庭作りしているFさんの庭。バラが大きく育って、そのバラを引き立てるための植栽がとても充実!

Fさんの庭2012_05Fさんの庭2012_05#2
昨年もステキだな~と思ったワインレッドのコーディネートに、今年も心惹かれました(左:すべての画像はクリックすると大きく見られます)。バラを引き立てている葉ものはペルシカリア’レッドドラゴン’。

シックな組み合わせだけでなく、ふわふわやさしい一年草とのコーディネートもラブリ~。
ムギセンノウ(アグロステンマ)とコムギセンノウ(ビスカリア)にオルレア

Fさんの庭2012_05#3
そして、目が釘づけになったのが、このシーン! 
八重と一重のミニバラに薄紫のクレマチスバラとクレマの組み合わせという王道ながら、サイズと色の選び方が独特で、格子のトレリスのせいか和モダンな着物の柄の3Dみたいに感じませんか? 
バラと何を組み合わせようか、Fさんの楽しんでいる気分が伝わってくるようでした。

滝の入ローズガーデン2012_05 こちらは比企丘陵の山懐に抱かれたようなバラ園『滝ノ入ローズガーデン』。

じつは、Fさんの庭を見たあとに凄まじい雷雨になり、残念ながらバラはうつむいてしまいました。

それでも’パットオースチン’でしょうか。オレンジのバラやペールピンクのミニバラがゲートを飾り、ピンクや白のジギタリスとブルーのシノグロッサムなど、パステルの花色がバラの濃い緑葉に浮かび上がって美しい。

雨上がりのしっとりした風情もあって、バラ園には珍しいやさしい印象です。たいがいは同じ高さに色とりどりの花が咲くので・・・

滝の入ローズガーデン2012_05#2
このローズガーデンが一般のバラ園と一線を画すのは、緑深い立地ということもありながら、「つるバラの庭・応用編」などの著書でも知られるバラの専門家、村田晴夫さんがプランしたガーデンであることが決定的です。

つるを伸ばすとどうなるのか、ブッシュに茂らせるとどうか・・・
品種ごとに魅力的な見せ方、仕立て方を知ることができます。
昨秋、亡くなられた村田さんが残した「バラとの幸せな関係」を感じられます。

Sさんの庭2012_05#3
そして、こちらは村田さんの主宰したバラの教室1期生にあたるSさんの庭「ガーデンカフェ・グリーンローズ」。

Sさんは、毛呂山に連れて行ってくれたガーデナーの宇田川佳子さんと教室の同期生という間柄。宇田川さんによれば、「枝をあまり切らないなど、ここには村田さんの手法がそのまま生かされています」。

Sさんの庭2012_05 Sさんの庭2012_05#2
園芸誌にもよく取り上げられている庭で、ほんとうにつるバラが美しくやさしい。

Sさんの庭2012_05#4 Sさんの庭2012_05#6
クレマチスやアリウム・ギガンチウムなど、バラ以外の花々も魅力的です。

Sさんの庭2012_05#7
帰り間際やっと差し込んだ日差しに、デルフィニウムとジギタリスの並び立つ小道が輝きます。近づいてみると、こんなふう・・・

Sさんの庭2012_05#8
高く掲げた白バラの下を、高い花穂の花々がうずめて、なんともゴージャスなシーン。
イングリッシュガーデンの定番といえる空間構成ですが、実現させるのは難しい・・・

Sさんの庭2012_05#5
カフェのまわりは、ジギタリスと白のカンパニラ・パーシフォリア。
中でお皿を洗っていたSさんは、「さっきの雨でまたいろいろ倒れたわね~」とため息をつきましたけど、いえいえ、みんな頑張って咲いていて、今年も夢のようなひとときでした。

長いものを最後までご覧いただいて、ありがとうございます。

庭に試される思い・・・ 

バラのシーズンには、各地でオープンガーデンが催されます。
私も先月後半は、8つの庭と1つのバラ園を取材などで訪れました。
もうお腹いっぱい!と思っても、園芸誌の編集者から「館林のトレジャーガーデンに行く」と聞けば、「あ~、羨ましい」と思うので(笑)どうやら、庭は常に別腹のようです。

長津田 8つの庭のなかで3カ所は、園芸G誌のガーデニングコンテストに入賞した庭でした。

1つはお洒落な住宅地にふさわしい、センスがよくて可愛らしい庭(左)。2つめは驚くほど見事に育てた植物を考え抜かれた植栽で見せる庭。3つめは丘陵の地形を生かしたナチュラルな庭でした。

いずれもタイプが全く異なり、庭の誕生した背景や条件、作り手の志向や嗜好によって、庭のスタイルは限りなくあるのだな~と感じたものです。

左は草丈のあるタチアオイなどの濃い緑の足元を飾る、草丈の低い植物たちの素晴らしいグラウンドカバー!

手前から、ライム色のルブス?に斑入りのクローバートリフォリウム)と、紫の花はサルビア・ネモローサでしょうか。ヒューケラの赤い小花がアクセントになり、また明るい葉色のシモツケ’ゴールドフレーム’が繰り返すリズム感。
密度のあるグラウンドカバーの上に浮く、サンジャクバーベナの丸い花穂が抜け感を感じさせます。

1つずつの花や葉はとても小さい植物でも、大株に育てたりまとめて植えることで、存在感が際立つし、花も葉も草姿も含めた植物全体の魅力が、伝わるように思う。
先日、「国バラ」の会場で園芸家の吉谷桂子さんが話してくださった「ドリフト植え」。植物をまとめて植える魅力を、最近とくに感じます。これができると、庭が片づいた印象になるよ~な。

鳩山
こちらは丘陵を開いた庭で、斜面の土留であるコンクリート壁に囲まれた平地の庭と、壁の上部に続く斜面の庭があります。広い庭なので、こぼれダネで生えた植物も多くはそのまま生かしています。

すると、思わぬところから背の高い植物がぴょ~んと伸びだしたり、植栽の密度も均一にはなりません。それらが風に揺れたりすると、なんとも心地よい! まるで野原にいるようなナチュラルガーデンです。ここでは北海道帯広市にある「紫竹ガーデン」の園主、紫竹昭葉さんの「最高の庭は野原」という言葉を思い出しました。

2つの庭はとても対照的なようで、それぞれに魅力的。庭巡りをしていると、自分の感性が庭に試されているとつくづく思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。