スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お、おそれていたものがついに来た! 

植物の名前はわかりにくい。
ひとつの植物にいろんな名前があるから、という話は以前に書きました。→コチラ

たとえば、黒い線形の葉ものコクリュウは、ジャノヒゲリュウノヒゲとも呼ばれるから面倒臭い)の仲間。
”仲間”というのは、植物分類で「属」というグループの一員ということ。
コクリュウは、ジャノヒゲ属のオオバジャノヒゲという原種の園芸品種と、園芸事典には載っています。

ジャノヒゲ属はユリ科というさらに大きなグループに含まれていました
なぜ過去形なのかというと、近年、植物のDNA解析が進んで、これまで同じ系統と思われていたものが、じつは違う! ということがわかってきたからです。

さあ、大変。
「他人の空似」をただす新しい分類を、学者たちが発表するのですが、学者ごとにビミョ~な見解の相違があるわけで・・・
コクリュウは、ある分類ではナギイカダ科、別の分類ではキジカクシ科!!!

ユリならわかるけど、ナギイカダとかキジカクシって何???
ナギイカダルスカスのことで、キジカクシアスパラガスのことらしい・・・ってとこまでは調べたけれど、はっきり言ってお手上げです(笑)

長く書店に置いてもらう書籍は、最新の分類で植物表記をするべきですけど、数年後にどちらが主流になるのか、編集者も私もさっぱりわかりません。

とりあえず今は、新しい分類書と首っぴきで、「あ~もいうらしい、こっちではこういっている」と騒いでいるところ。首っぴくためにはカタカナでは足らず、ラテンの学名Ophiopogon=ジャノヒゲから始めないとならない。

去年の3月に「植物の分類が変わってきている」という新聞記事を読んだときから、こういう日が来ることをおそれていたのでした~
なんてことを嘆いている場合ではないので、本日はここまで。

スポンサーサイト

夜のジャングルクルーズ@相模原公園 

この連休も働きに働いて、2月刊予定の書籍の原稿を入稿しました!
これから文字校正と色校正をやって、果たして間に合うのか???

もともと秋に刊行予定だったものが、私の原稿が2カ月遅れ、編集部のチェックに2カ月かかり・・・
何年かに一度はこういう事態が起こります。
はぁ~ まったくもって力不足を痛感。何年この仕事をやっているんだろうと、情けなさが身にしみます。

そんな最中にもひととき、夢のような出来事があって・・・

グリーンハウス
12月に相模原公園のライトアップを見に行ったら、県内最大級のグリーンハウス(温室)が夜もオープンしていました。
おまけに貸切状態! 私が大コーフンしたのは言うまでもありません(笑)

グリーンハウス#2 巨大なタビビトノキバナナの木がそびえ(しかも縞模様!)、滝の水音が聞こえて、まるで夜のジャングルクルーズみたいです。

鳥の羽音や獣の唸り声は聞こえませんでしたけど、温室の湿度や独特の匂いが感じられて、五感が呼び覚まされます。

パボニア・インテルメディアとかメディニラ・マグニフィカなど、南国の珍しい花々も咲いていて、一緒に行った友人のAちゃんと大騒ぎしながら、写真を撮りまくり。

しかし、悲しいかな・・・暗すぎてピンボケばかりです。
ご紹介できなくて残念だけど、夜の温室は絶対におすすめ! 
熱帯雨林のイメージが、体感できますよ~

グリーンハウス#3
館内の園路には、足元を照らすやさしい明かりがともされ、シンゴニウムのシルエットを浮かび上がらせていました。

新年には華やかで楚々としたシンビジウム 

みなさま よいお年を迎えられましたでしょうか。

昨年はひたすら慌しく、更新もままならないブログにおつき合いいただきまして、ありがとうございました。お蔭様でしぶとく年を越し、今年もボチボチやってまいります。
どうぞよろしくお願いします。

それでは年明けにふさわしい華やかなお花から~

シンビジウム
洋ランのシンビジウムです。ぷっくりした花がたわわに咲いて素晴らしい。
そして、これもまたシンビジウムです。

シンビジウム#2
楚々とした風情で上品なカンラン。静岡以西や中国、台湾などに自生するので東洋ランと呼ばれますが、分類上では同じシンビジウム属の仲間です。

シンビジウム#3草姿だけでなく、花の形もすごーく異なり、とても同じ仲間とは思えませんね。

ランはカトレアファレノプシスコチョウラン)など、種類が多くて、園芸植物事典などは「後ろのほうはみんなラン~」状態です。

ランはもっとも進化した植物といわれるだけに、シンビジウム1属の中でも、これほどの変化があるのでしょう。

だから私にとってランは、ちょっと近寄りがたい感じです。
すごーく奥深くて魅力的で、うかつに近づくと、容易に離れられなくなりそうな・・・

こうして洋ランと東洋ランのシンビジウムを一緒に見られただけで、自然の不思議さに触れた思い。12月初めに神奈川県立相模原公園で催されていた展示でした。
どちらが好きかといえば・・・カンランに1票!

あ、今夜は前回の続きを書くはずだったのに、すみません。
このように勝手気ままに、今年も続きます~ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。