スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】月一でど~ぞ 

ご来庭いただきまして、ありがとうございます。

もともと頻繁にアップしているブログではありませんが、昨年後半からは週一度のペースも守れないありさまで、今後ますます間遠になりそうな状況です。

訪ねていただいても変わり映えのないページで、がっかりされることをお詫びします。
月に一度くらい思い出したようにお訪ねいただけると、ちょうどよいかと・・・

それでも、未練たらしく細々続けていくつもりですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

『東京インターナショナル フラワー&ガーデンショー』 

17日~25日まで東京・立川の国営昭和記念公園で、『東京インターナショナル フラワー&ガーデンショー』が開催されています。

日本最大規模を誇り、イギリスの『チェルシー・フラワーショー』に並ぶショーを目指すという、園芸界では今年期待の催し。園芸G誌のご厚意で、オープン前日の内覧会へまいりました(「そんなヒマがあったんかい!」というお声が聞こえてきそうですが、ど~かご容赦を)

ガーデンショー2010ガーデンショー2010#2
ガーデンの展示は「スモールガーデン」10庭から始まります。
全体に、インテリアを意識した”和モダン”と”里山”が二大潮流!
右上の庭は、しなやかな竹篭のような垣に添わせたマンサク?と、モミジの赤い新芽が素晴らしいコントラストでした。

つづく「シティガーデン」10庭

ガーデンショー2010#5ガーデンショー2010#6
画像をクリックして大きなサイズでご覧ください。ショーガーデンででしか見られない華やかな植栽が楽しめます。

ガーデンショー2010#7
こちらも和モダンですが、右の植え枡のヒューケラティアレラの葉色合わせがステキ~
アップもお見せしたいところですけど、なにしろ画像点数が多いので、先を急ぎます。

つづいては「ショーガーデン」の1部10庭から

ガーデンショー2010ガーデンショー2010#2
こういう構図的な庭はあまり好みませんが、さまざまな石組みを組み合わせたワザ、奥の草花の草丈の工夫が素晴らしいです。和洋の融合を狙った心意気を感じます。
奥にもっと派手な植物を使ったら、手前のトピアリーと石組みがもっと生きたかしらん。

ガーデンショー2010#9
確かオーストラリアのガーデナーによる作品です。さすがに日本人の発想とは違うような…
ゆったりしたスケールが気持ちよい。

ガーデンショー2010#11こちらは「庭を着る」というテーマで、着物の襟を模した塀に縁取られています。

そのアイディアが面白いし、ケヤキの大木を運び入れたことにも、びっくり!

思わず裏手に回って、もともと生えている木では? と確認しました(笑)
前合わせに飾られた、炭を使った植栽もステキです。

ガーデンショー2010#12
一番奥にある「ショーガーデン」2部6庭まで着いたころには、鼻水がたら~り。
この日、東京は気温7℃でした。でも、来たかいがあったと思ったものです。

ガーデンショー2010#13
テーマは「身土不二」…読み方もよくわかりませんが、人と地面はくっついているというような意味でしょうか。

私はこの光景を確かに見たことがあると思いました。
広い農道が通る前に、「蛇坂」と呼んでいた実家近くの崖道です。
人が通るために切り取られた枝や、崖に露出した木々の根、いつも湿ってシダ類が生え…
たぶん日本のあちこちにある里山の景色を、すっかり再現できることにぼう然としました。

ガーデンショー2010#14 ガーデンショー2010#15
左の画像はムサシアブミユキモチソウ、右の画像の紫の花は何でしょう?
蛇坂には、こんな珍しい植物たちは残念ながらいませんでした。
でも、今はこれらが日本を代表するビッグ・タレントだとわかりますから、写メ撮りまくり!

ガーデンショー2010#16 崖の中は沼地のように見えました。
見たことのない大株の植物が繁茂しています。

なにしろ前日から降り続いた雨で、これ以上入ると、庭を荒らしそうで止めました。

ここまで一気に見てきて、大きな息をつきました。
不景気な日本で、こんなガーデンショーを見られることに感謝です。

2200円の入場料はチト高い、という声も聞きますが、私はこのショーを続けていくためにも払っていいと思いました。

日本の庭作りの素晴らしいワザやアイディアや植物が見られます。
とはいえ、翌日のTVで知ったグランプリ受賞作品は、私の携帯に収められていませんでした。あ~、そんな程度の観察眼に、長々おつき合いいただいて、ありがとうございました(汗)

園芸心をそそられて@フローラ黒田 

この週末は2週間ぶりのお掃除(汗)& 久々にベランダ遊び(喜)
というのも、ずっと行きたいと思っていた園芸ショップに、先週やっと行けたのです。

さいたま市にある『フローラ黒田』は、北海道月形町のショップ&ナーセリー『コテージガーデン』シャチョーの梅木さんのブログで知りました。 記事はコチラ

フローラ黒田
東京より少し遅い満開のが出迎えてくれましたよ~
このあたりは首都高速が延長されたり、埼京線が通って急激に開発が進んだ地域です。
すぐそばに大手HCや激安チェーン店、超大型郊外スーパーがあり、それぞれに園芸用品を扱っています。

フローラ黒田#2
そうした売り場とはまったく異なる趣きが、お分かりいただけると思います。
サンプルガーデンはまだ寂しい状態でしたが、こんなふうに植物の楽しみ方、見せ方を提案してあります。う~ん、こんなふうに飾ってみたい~(笑)
扱っている植物も多年草中心で、カタログでしか見たことのないものがたくさんありました。

フローラ黒田#3
私は長いこと憧れていたオンファロデスのホワイトや、リグラリア’ミッドナイトレディー’などをゲット! それに北海道取材で知った有機肥料をみつけて、大喜びしました。
ご一緒した友人Aちゃんは、八重のクリローを求めて、早くも来年の夢を見ています。

フローラ黒田#4
植物を物色中にフッと気づくと、掃除機の音がします。たくさん並んだ鉢の中を1つ1つお掃除しているのにビックリ。梅木さんが書いてらしたとおり、隅々まできれいなお店です。
店内の撮影はスタッフの方に尋ねましたら、「どこでもお好きに撮ってください」とのこと。

少しお話もうかがいたかったけれど、お仕事ではないのでグッと我慢しました(笑)
お話をうかがわなくても、園芸愛好家はたっぷり園芸心を刺激されましたから…

明朝は山梨に取材ですが、ど~やらお天気が怪しいようです。

満開の桜の下で 

アークガーデン2010_04昨日、園芸家の杉井明美さんの取材で、六本木1丁目にあるアークヒルズに行きました。

アークヒルズは並木が満開で、青空マーケットやコンサートも開かれ、大賑わい。

私も取材の後にフラフラ~
フォーシーズンズ・ガーデンにたどり着きました。


ここは日本の自生種を中心に植栽されています。
杉井さんには日本の植物について、1月からS種苗会社の会員誌で連載していただいているので、気になって立ち寄ったのですが・・・

アークガーデン2010_04#2 1月号で紹介したイチリンソウ、2月号のイカリソウ、3月号のムサシアブミと勢ぞろい!

アークガーデン2010_04#3

アークガーデン2010_04#4
このガーデンも見物の方でかなり混んでいましたが、私だけ地面に這いつくばって写メ撮りまくり(笑)
なにしろイチリンソウイカリソウも小さい~!
と、内心で唸ってましたら、上の方から「もしもし」と呼びかける声が・・・
なんと杉井さんの連載に、写真をお願いしているカメラマンの入江寿紀さんが隣りに~

入江さん「人違いだと困るので、何度も顔を確かめてから、声をかけましたよ」
私「テヘヘ・・・」(笑うしかない)

どんだけヘンなオバサンとして目立っていたことでしょう。
というのも、入江さんと別れて、その場を立ち去ろうとしたら、私がかがみこんでいた場所に人だかり!
「あら、この可愛い花は何?」とか、「イチリンソウじゃない?」という声を後ろに聞きながら退場しました(汗)
ばかりが日本の花ではないのです。


オマケのオキナグサバイモユリ・・・いずれも印象的な花ばかりです。

アークガーデン2010_04#5

アークガーデン2010_04#6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。