スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビイロードでの再会 

夫が学生時代にバンドを組んでいた友人と、ウン10年ぶりに会うというので、くっついて行きました。
ビートルズ世代の彼らが再会するのは、六本木にある『アビイロード』というライブハウス。
ビートルズのコピーバンドによるライブが楽しめるお店です。

六本木交差点のすぐ近くにあり、受け付けでコートを預かってくれるようなライブハウスは初めて(笑) 若いカップルから3世代の親子連れまで、賑わっていました。
久しぶりに聴きましたよ~『ミッシェル』とか『カム・トゥゲザー』

『カム・トゥゲザー』のイントロは、なんど聴いてもドキドキします。
生でビートルズの曲を聴くと、ベースのアレンジとかギターとのアンサンブルとか、凄く斬新で工夫されているのが、私でもわかります。やっぱり楽曲がよいだけでなく、バンドとして優れていたんだな~と、改めて思いました。

アビーロード アビイロードとは、ビートルズがよく使っていたロンドンのスタジオがある通りの名前で、アルバムタイトルにもなっています。

スタジオの前にある横断歩道を渡る4人がジャケットを飾っています。

2000年に初めて夫とロンドンへ行き、ビートルズツアーに参加したとき、ガイドさんが撮ってくれたわが家自慢の画像です(笑)

ここは人が立ち止まると車は絶対止まらないといけない横断歩道なので、ガイドさんはとても気をつかっていました。それにしても、この後の10年で世の中はずいぶん変わりましたね。

そうそう、肝心の再会はあっさりしたものでしたよ~
2人の同級生でもあるお相手の奥様が一番嬉しそうでした!

スポンサーサイト

父のテリトリーに触れるべからず 

年末に、動脈解離で入院した母の退院が決まりました(ホッ)
実家は大正末期に建った古家なので超寒い。
それでトイレへの廊下にオイルヒーターを設置したり、家族の目が届きやすい居間に母のベッドを置くことにしました。

ところが、父は居間にある自分の本棚や茶だんすなどを、何ひとつ動かしません。
弟2人がかりで説得してもダメで、すごく奇妙な位置にベッドは納まることになりました。
昨日、病院で母にベッド位置を報告したら、「どうして、そ~なるの~?」としょんぼり。
可哀そうだと思うし、同居している弟Aの家族もTVが見えにくくなって被害甚大。

両親は仲のよい夫婦だし、父は「お母さんのために」と、じつはトイレまで改築しています。
なのに、自分のテリトリーには指1本触れさせない構え(笑)
以前も、父が居間のあちこちに貼っている孫や兄弟の写真が埃をかぶっているので、大きな額にまとめてあげようとしたら、「俺の思い出に触るな!」と怒られたもの・・・

介護の仕事をしている弟Bによれば、「無理やりやっても不満が残るだけ」とか。
私は『老人の「複雑な思い」をわかってあげる本』というのも読んでみましたが、???
80歳を過ぎた父が守りたいものを、私らは理解できないし、私らが両親に良かれと思う提案は実現できず、ただ悲しい思いばかりが募ります。

春のアレンジそんな日曜日、弟B夫婦と立ち寄ったギャラリー&カフェで、やわらかな彩りのアレンジメントが慰めてくれました。

ナノハナ日本スイセンスイセン’ティタティタ’、ピンクと紫のストック

昭和少女の胸震わせた浅川マキさんへ 

ストレートの黒髪を胸まで垂らし、黒いロングドレスをまとったスレンダーな体。
しゃがれた声でつぶやくように、あるいは深く、圧倒的な迫力で、聴く者に迫るシンガー
浅川マキさんが亡くなった。

昭和の時代の少女には、彼女のいでたち、たたずまい、歌声すべてが衝撃で
「おひとりさま」なんて言葉がなかった当時
アンダーグラウンドのライブハウスで、ひとり淡々と歌うマキさんの凛とした存在感に
ただ胸震わせていたものです。

彼女が歌うのは「情念の世界」といわれるけれど
ドロドロをトーンと突き放したところに立っている。
その立ち位置が、私にはとてもかっこよく見えた。
音楽的には詳しくないけど、大好きなローリング・ストーンズやドクター・ジョンの並びにある リズム&ブルースだと勝手に思っています。

ずっとアンダーグラウンドの活動を続けた方なので、ご存じなくて当たり前ですが
そうした生き方に、今はさらに敬意を抱きます。

浅川マキさん、ステキでした。

この季節に嬉しいクレマチス @Mさんの庭 

寒い日が続きますね~
高円寺の環七沿いを歩いていると、コートを着てマフラーに埋もれてても、風が体を通り抜けていく感じです(笑)

寒さに強いパンジーやビオラさえまだ縮こまった小さな株で、植物は息をひそめているようですが、この時期に咲き誇るクレマチスがあります。

10_01_16 126s
クレマチス・アンスンエンシス。中国に自生する原種のクレマチスです。
小さな花ながら、そり返る厚い花弁からのぞくシベにボリュームがあり、ゴージャスな印象。

冬咲きのクレマチスは夏に休眠するものもありますが、これは常緑で、つるをよく伸ばすので、夏の日差しを遮る緑のカーテンにもなります。

Mさんのクレマチス#2冬の初めにお邪魔したMさんのお宅で、鈴なりになった蕾にびっくりしたら、Mさんが「咲きました~」とメールで満開を知らせてくれました(喜)

5年ほど前、Mさんはあんどん仕立ての鉢植えを買い、玄関前の植え枡に植え替えた1株が、こんな見事に育ったそうです。

植え枡から外へ垂らしたり、玄関脇のスクリーンに沿わせ、柱を伝って庇(ひさし)からも降り注ぐように誘引してあります。

誘引することでいろんなスタイルが楽しめる、つる性植物の良さを生かした植栽!

冬枯れた景色の中で目立ちますな~


親子で庭を作る年末の景色 

どど~んと押し迫った年末に、庭作りの賑やかな撮影がありました。
ガーデナーのユニット『moG』の丸山美夏さんと松田真さんが、松田さんのお友達の庭を手がけます。
庭といっても、道路に沿った家の2面に設けられた、奥行き50cmほどの細長いスペース。いわゆるフロントガーデンという、家を飾りつつ道行く人の目を楽しませる小さな庭です。

Oさんの庭2009_12Oさんの庭2009_12#2
前に住んでらした方は低木のハクチョウゲを植え、雑草避けのシートを敷いていたので、まずはそれらを撤去することから始めました。
気温10度そこそこの東京でしたが、松田さんの顔から汗がしたたり落ちるほどの大変な作業です。

だけど、この日は庭主のOさんや、松田さんのお母さんや丸山さんのお嬢さんもお手伝いしてくれました。

Oさんの庭2009_12#3Oさんの庭2009_12#4
雑草避けシートの下にあったガラや木の根をみんなで取り除いて、丸山さんの指導のもとで植物を植えていきます。みんなでやると、作業はどんどん進みます。

09_12_29 101s
なかでも、丸山さんのお嬢さんSちゃんは大活躍! 重たい赤玉土の大袋まで持ち上げ、土作りのお手伝い。

庭主のOさんがいれてくださったお茶や、松田さんのお母さんが用意してくださったお昼をごちそうになりながら、作業は5時間ほどで終わりました。

Oさんの庭2009_12#6 Oさんの庭2009_12#7
最後に水をたっぷりと植物に与え、周囲の汚れも洗い落として、「お疲れさまでした~」。
私の撮影のために仕事納めのあと、みなさんの協力を得ておこなった庭作りでした。
ほんとうにありがたい。
これから本格的な寒さを越えて、春にはどんなガーデンになるか楽しみです。

チューリップが年始を飾る!? @江の島 

遅まきながら、あけましておめでとうございます。
新しい世界の幕開けです!!

江の島2009_12
経済大国・日本のGDPが、今年は中国に追い抜かれようとも、産業革命以前の中国は世界一の経済大国だったと知れば、時代は巡る~♪と思うだけです。

それより大好きな花を育て、緑を愛でる心が、地球のためになりそうだ!と大げさながら考えて、今年もやってまいりましょう(^^)v

江の島2009_12#2 新年最初にご紹介する画像は、年末に取材に行った神奈川県江の島の展望灯台です。

5時からのライトアップ直後には、まだ相模湾のかなたに富士山が浮かんで見えました。ファンタスティック~でございます。

子どもの頃もっていた絵本に、旧展望台が紹介されていて、ず~っと憧れておりましたから大感激!

今回の取材で、展望台は海図にも載っている「灯台」だと、初めて知りました。

このデッキ周囲には多くの太陽光パネルが設置されていて、太陽エネルギーとLEDを利用したライトアップです。地元の電気屋さんが手がけた、と聞いて驚きました。
古くから鎌倉に近い観光名所として賑わった江の島も、しばらく寂れていたのですが、近年は水族館のリニューアルやスパの登場で人気復活しています。

江の島2009_12#3
展望フロアからは、うっすら新宿の高層ビル群が眺められますよ~

展望灯台の足元に広がる緑は、サムエル・コッキング苑という旧・江の島植物園です。明治時代の貿易商コッキング氏が作った大庭園が今に伝えられています。

江の島2009_12#4 巨大な彫像のようなリュウゼツランや、ヤシの木にヤドリギしたツバキなど、フシギで珍しい植物もいろいろあって、取材クルーは夕闇迫る園内を駆け回りました(笑)

唯一、私が撮影できたのはクリスマスツリーをバックにしたチューリップの大群! 1万本。
なんで今ごろチューリップ

これは本来、秋に植えつける球根を冷蔵庫で冬のような低温にあわせることで、開花を早めたアイスチューリップという商品です。

花弁のとがっている品種はユリ咲きの’バレリーナ’で、一般にもよく出まわります。
でも、寒い時期に咲くから花もちがよく、ライトアップ見学の方々にも大人気とか。
植物は島起こし?にも一役買っているようです。
年始ということでちょいと長くなりました。最後までご覧いただいて、ありがとうございます。

どうか本年もよろしくお願いします。

江の島2009_12#5江の島2009_12#6
*この4日前に携帯をなくしました。新携帯での撮影です~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。