スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園風景に溶け込む『チムニーカフェ』@川島 

いよいよ今年も最終週ですね。
年末締め切りの仕事に向かうパソコンに、斑入りの葉っぱを飾りました。

リーフ温度計 これは温度計なんですよ。

人が快適に感じる 20~25℃なら明るいグリーンで、それ以上暖かいと黄色に変わります。

パソコンのディスプレイに触れている部分だけ、黄色の斑入りになっています。

20℃より寒くなると、こげ茶色に変化。
ネットで購入して、我が家に届いたときは茶色でした。紙製なので、本のしおりにして持ち歩くのもよいかも。お店の回し者ではありませんが、サイトは →コチラ

  先日はまた父を訪ねて埼玉県の川島町へ行きました。その日は下の弟もつき合ってくれたので、もう何年も前から気になっていた『チムニーカフェ』を探しました。

カフェチムニー#4 田園風景の中に煙突(チムニー)を掲げたカフェです。
農家の納屋か離れを改築したらしく、カントリーテイストの室内にアンティークな雑貨や家具を集めて、気取りのない雰囲気。オーナーシェフが招き入れてくれました。

カフェチムニー
義妹のまるたさんと3人で店内をキョロキョロ。クリスマス前だったのでドイツやオランダのお菓子クリストシュトーレンを、買ってもらったお姉ちゃんです(^^ゞ
そして、フレンチレストランばりのランチがこちら!!

カフェチムニー#3
カブとケールのローストにメインが隠れてしまっておりますが、イワシのロールオーブン焼き。エビとタラのブーリッド(スープかけ)に、私は発酵玄米をいただきました。 

野菜はシャキシャキ(お年寄りには厳しいかもですが)、イワシはプリプリで食べでがあります。玄米があまい~ はっきり言って、田んぼの真ん中のカフェで驚きのメニューです!

カフェチムニー♯2
窓辺にあったビカクシダコウモリラン、 プラティケリウムなどとも)の立派さにもびっくり。
父のお蔭で、川島町の“うれしい発見”が続きます。

みなさま、本年もおつき合いいただきまして、ありがとうございます。
ネットの片隅にこのブログを始めて10年が経ちました。
これを機会に、しばらくお休みいただきます。
たくさんのご縁をいただきましたこと、感謝申し上げます。
どうぞよいお年をお迎えください。

スポンサーサイト

花炭をご存知ですか? 

花炭2016#2 ブロ友のスモさんから「花炭」をいただきました。

スモさんは自宅のほかに山辺に庭を作っていて、山庭ならではの自然の恵みをおすそ分けしてくださいます。

左の写真はヒマラヤスギの松ぼっくりであるシダーローズの花炭。

シダーローズについては、スモさんのブログに熱く詳しく書かれています。 記事は→コチラ

バラの花びらのように見える1片ずつがヒマラヤスギのタネ。

炭になったら、触れればハラリと砕けそうな繊細なものです。
花炭とは、木の実や花や果実などを炭化させたもの。
500年以上も前から茶の湯で親しまれ、「飾り炭」とも呼ばれるそう。
造形的な植物の姿形をそのままに固定化したさまは、園芸愛好家の心もくすぐります。

花炭2016#3
ドイツトウヒの大きな松ぼっくりと、スモさんのご主人が丹精されているハスの花托です。
炭化してとても軽いのに、黒光りして存在感がハンパなし! まさに美術品のよう。

花炭2016
スモさんの山庭には薪ストーブがあって、庭仕事の合間に焼き芋などを楽しんでいた延長線上で、ご主人が花炭を作っているそう。詳しくは →コチラ

見た目に加えて消臭効果もあるそうなので、玄関に飾ることにしました。
炭が砕けたりしたら、庭土に混ぜてもよいそうです。どこまでもおりこうさんですね~
スモさんご夫妻に大きな感謝!


ハスの花托のように、たくさんの穴が空いているものに対して恐怖を感じるのを「トライポフォビア(集合体恐怖症)」というそうです。私は虫の卵の集合が苦手なのですが、今回「ハスの実」をググって初めて知りました。人の感覚も興味深いですね。

iphoneでマクロレンズを遊んでみる 

草花を育てていると、きれいに咲いた花を写真に撮りたくなりますね。
うまく撮れれば園芸の励みになったり、記録として翌年の栽培ガイドラインにもなります。

お台場2016 なかでも、アップの写真はインパクトがあって、小さな昆虫まではっきり見えると楽しい~♪ でも、私のカメラ(レンズ)は最短撮影距離が25㎝なので、これ以上近づいて撮ることはできません。

もっと近づいて撮れるマクロレンズが欲しいな~と思ってましたら、iphoneに装着できるマクロ+広角+魚眼レンズの3点セットがあると知って、買ってみました。

まずは魚眼レンズ!
iphoneレンズ 幅160㎝の出窓前に立って撮った画像です。
丸く歪むけれど、出窓の両端まで入ります。面白いですね。

続いて広角レンズ
iphoneレンズ#6 iphoneレンズ#5
左)ふつうにiphoneで撮影、右)同じ位置から広角レンズで撮影。
広角レンズを使うと、撮影できる画角がぐっと広がっているのがわかりますか?
集合写真を撮るときに、「両端の人はもう少し中に入って」と言わなくても大丈夫です。

そして、お楽しみのマクロレンズ!!
iphoneレンズ♯2
iphoneレンズ#3
フウセンカズラのタネにあるハートマークがちゃんと撮れるし、下に敷いている生地(魚眼レンズの画像で、コンテナ下にあるマット)の織り目もわかります。フィカス・プミラの葉に生えている毛まで見えますね! うひゃひゃ~ 初めて見た!

iphoneレンズ#4 マクロと広角レンズはねじ式で1つになっていて、小さな巾着袋で持ち歩けます。
スマホ用接写レンズなどと呼ばれて、価格帯もさまざま。
これは1000円くらいで、これからずいぶん楽しめそうです♪
(ピントはロゴに合わせましょう・・・(恥 )

噂の都庁にのぼって見た景色 

これは昨今噂の東京都庁! 都議会議事堂は左側にあって、第一本庁舎と結ぶ中空の渡り廊下にオリンピックのエンブレムが掲げられています。 都庁2016
圧倒されるほど巨大ですね~ 高さ243mあるそうで、ふたつの塔にはそれぞれ45階に展望台があるので、パスポート更新のついでに昇ってみました。

都庁2016♯6 のぼってみたのは確か北の塔で、隣に南塔があって渋谷方面は見えません。

高層ビル群が都庁の北西にあるので、池袋方面もほとんど見えなかったけど、世田谷や杉並や練馬区方面はよく見えました。

これからの季節は富士山も見えるでしょう。

1階から直行のエレベーターに同乗したのは、全員インバウンドの方(最近は外国人観光客をそう呼ぶらしい)。人気です!

そういえば、これだけの眺望を“無料で”見られる場所はなかなかないのでは?
都庁2016#5 上の画像は(小さくて見えませんが)中央奥に東京タワーがあり、その右に六本木ヒルズという都心方面。右に1カ所、左奥に2カ所の大きな緑地がわかりますか?

右が明治神宮~代々木公園、左の手前が新宿御苑、奥が(新国立競技場ができる)神宮外苑~迎賓館です。都心にも意外に緑があるな~と感じます。

都庁2016#3 こちらは新宿駅方面。コクーンビルという繭のような形のビルの先が駅です。
日ごろ見慣れた街も違った表情を見せます。

都庁2016#2 西日を浴びる街には我が家をふくめて無数のビルや家があって、思わず「いっぱい家があるね~」と声に出したら、そばにいらした高齢のご婦人が「それぞれに人の営みがあるんだから、この高い所で働いている人たちにはもっとよく考えてもらわないとね」とおっしゃったのでした。

「落合由利子写真講座」へのお誘い 

ブログに載せる写真を「もっとじょうずに撮りたいな~」と思っていたら、仕事仲間のデザイナーさんが「うちの事務所で写真講座をやっていますよ」と誘ってくださったのが昨秋。

写真家の落合由利子さんが主宰する講座に参加して、そろそろ1年になります。

絞りとかシャッタースピードとか構図とか、文系女子が苦手とするあたりもちゃんと勉強するつもりで参加してみたら、これまでそういう話はほとんど出てきません(笑

みんな勝手に撮った写真を月に一度持ち寄り、感想を言い合います。自分の写真をプリントして人前に並べる恥ずかしさ、人が真剣に撮った写真に感想を言う難しさが、これほどとは思ってもいませんでした。これだけでずいぶん鍛えられる気がします。

フォトブック2016夏 落合さんからは、どうしてこの被写体を選んだのか?とか、その意図がちゃんと出ていると思うか?など、さまざまな質問があって、答えに窮することばかりです。

うまく撮れなかったら日を改めて繰り返し何度も撮ってみようとか、撮らされずに自分のタイミングを待つとか、サジェスチョンもいろいろいただきます。

どうやらここでは、自分が興味をもった対象物とどう向き合うか、どう捉えるかを問われ、鍛える場のようです。それは写真に限らずとても大事なことと思います。

そんなことに気づいたころから、写真を撮るのがとても楽しくなってきました~♪
半年の講座の最後には、撮りためた写真を自分でこのようなフォトブックにします。
いまはネットを利用して簡単に作れるので、とても便利です。
これはしまうまプリントで、A5版32ページが送・税込み635円でした。

フォトブック2016夏#3 フォトブック2016夏♯2 施設にいる高齢の父に見せましたら、とても喜んでくれました。

自分が撮った写真を見返してみたり、写真を選んだり、見せる順番を考えたりすることは、どれも写真を撮る鍛錬になるそうです。1年やってみて、自分の写真の腕前が上がったかどうかはよくわかりませんが、とても刺激的で楽しい講座です。

写真で遊んでみたい、自己の深淵を覗いてみたい(!)という方がいらしたら、ぜひご一緒しませんか。質問などありましたら、落合さんに直接連絡していただくか、このブログのコメント欄からお尋ねください。下記はクリックすると、より鮮明に見られます。

写真講座チラシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。